2017年10月の星読み

深いところでの関わりを大切にする蠍座に発展と拡大の木星が
10月10日に入って来ます。
木星が蠍座に入るころはみんな疑心暗鬼、深読みの傾向が強くなります。
心理学が流行るようです。
表面的なことには騙されないぞ!っていう風潮があるようにおもいます。


お羊座
突発性の出来事ありそう。
突発性湿疹、突発性金欠、突発性恋愛。
そしてたくさんの人に会う機会があります。人生はノリと勢い。
”じっくり考える”なんてのは逃げ口上。
えいっ!と一か八かで行きましょう。

牡牛座
これから先、死ぬまでのあいだ、
①毎日おいしいご飯をたべる代わりにどうでもいい男と暮らすのと
②毎日まずいご飯を食べ続ける代わりに魅力的な人と男と暮らすのと
二者択一しかないとしたら、まちがいなく②へ行ってください。
まだまだ、すったもんだの時期です。決して恋から卒業してはいけません。

双子座
目立つので叩かれたり、褒められたり、おだてられたり・・・
こんな時こそマイペースを守ってください。健康管理に気を配ってください。
約束事はビジネスでもプライベートでもきちんと守ってください。
10月半ばから追い風が吹き荒れます。

蟹座
孤独が心地よい時期。
孤独というと「さみしい」と同義語になってしまう蟹座もいるかもしれませんが
「ひとりであること」が価値ある時期でしょう。
プライバシーのなさが親密さのあかしと思ってはNOです。
”あなたの居場所”とはひとりっきりでいても充実している場所。なんだと思います。

獅子座
あちこち行きます。試行錯誤の連続ですが気分は明るい模様。
「正解がある」という思い込みは捨てて下さい。
正解というゴールがあるから裏切られた、なんて思ってしまうけど今やっていることは
「通過地点」のひとつなんです。

乙女座
たくさんの人から期待され、責任も人気もお給料もアップ!
そしてその期待には応えることが出来るのでミッションはコンプリート。
ビジネス面では大満足。でもプライベートでは寂しい感じ。
秋風に揺れるコスモスでも見て癒されましょう。

天秤座
脳はとても小さくてぐちゃぐちゃしているけれど、
どれだけ働いてもいっぱいになってしまうことはない。
底抜けなほどに奥が深く、あらゆるものの元のようで
どれだけのものを産み続けても枯れてしまうことはない。
天秤座の人はこの秋までに何かひとつを成し遂げただろう。
でもこれがゴールじゃない。ここから先が長くて辛くて楽しいのだ!

蠍座
10月の後半からすごく個性が出てきます。勢いがあっていい感じです。
いろいろなところからお呼びがかかります。
でもなにもかも引き受けてしまうと、あとで後悔するのでじっくり選んで
自分のペースをつかみましょう。

射手座
ジタバタするのはやめましょう。
逃げても、逃げた先が同じような所かもしれません。
次の何かを探すなら、「年末」です。

山羊座
根性が認められて粘り勝ちするとき。最後の最後に笑うのは、山羊座のあなた。
頑張ってください!

水瓶座
ピンチはチャンス。ラッキーなことばかりだとだらけます。
特に水瓶座さんはダラけます。
自分を律するため、高めるために、神はピンチを与え給うたと
感謝しましょう。

魚座
売られた喧嘩を安値で買って、他所に持っていって高く売る。
みたいな星の配置が来ているけれど、そんなお下劣なことをするより
売られた喧嘩は盛大に引き受けて燃えましょう!


膝が痛いの

調子に乗って、山をひょこひょこ歩いたり
孫とかけっこしていたせいか
気がついたら膝が曲がらないほど痛くなっていました。

老化現象にともなう軟骨すり減り、変形性膝関節症ということで
ただ今ヒアルロン酸注射とリハビリにに整形外科に通っています。。。

年をとれば誰でも何かいろいろあるもんだ。と頭ではわかっていたけれど
イザ自分にそれが来てみると衝撃でした。

まさか私に?うそでしょう?って、あんたあんた自分自身のことだよ。
体重と年のせいで軟骨すり減ったんだよ、、、、
となかなか自分の現実を受け入れられない時期でした。

初潮って、だれでもあるんだ、って母親から聞いたり、保健の授業や
友達からの情報で知っていても、ついに自分もその時がきて
びっくりするのと、似ていました。
そーか、そーなの、みんなそうなるのね。そうなんだ~
誰かに言いたくなる!

でも、うれしくはないけれど、ちゃんと筋道どおり
人生をすすんでいる実感を味わっていいます。

すべての道は老婆に通じる。
老婆は一日にして成らず、だ。

初潮のころが第2次成長期だとすると、今は第3次成長期かもしれません。

でも2歳半のお孫ちゃんが
「香里ばぁばは、おばあちゃんじゃなく、ておばさんだよー」
とまわらぬ舌で可愛らしく、言うので「ああ、よかった」なんて
悟ったようで悟りきれない、自分の若さへの執着が恨めしくもあり。

まだ生理もあり、でも骨盤低筋力が弱くなりトイレが超近くなるから
ナプキンが2種類必要で
今私は、
お姉さんではないのは明らかだけど、
おばさんとおばあさんの境目。

少女から大人の女性に変わる時や
大人の女性から老婆に変わる時は

占星術で言うと柔軟宮の時だなぁ。

ホロスコープレストラン(乙女座編)

【乙女座のホロスコープレストラン】
乙女 レストラン

白マッシュルームにポテトを添えてローズマリーポテト。 
乙女座は別の言い方で処女宮。
ローズマリーはマリア様の伝説とつながっていて、
乙女座ハーブに挙げられることがあります。

星座の乙女座は手に麦の穂を持っていて
秋の刈り入れの采配をきっちりこなし、
若いOLみたいに言われたことに従順で
覚えが早くて お利口です。

と言われています。
おばちゃんのように、ゆるく適当にできないのですって。
ばあさんのように、見て見ぬふりをすとか、ほかっておくってできないのです。
手出し、口出しキャーキャーとうるさいの。
マメで実際的で頼りになってありがたいの。

ローズマリーのリースを頭に載せるとお勉強ができるようになるらしいです。

麦の穂→乙女座の持ち物だからパンにしようかな。と思ったけど
お芋が食べたかったのでコレをつくってもらいました。

乙女って何故かお芋が似合うし・・・

↓作ってくれた人のブログ
https://ameblo.jp/momeconoco/

おいしい学校

八ヶ岳の麓は私のご先祖のルーツ。
中央道の須玉インターを降りてクネクネ行くと
「津金村」というそれはそれは美しい村があります。

おそらく武田信玄の隠し里で、村民全員が「津金」という苗字。
村民を区別するのに本家を中心に前の家は「め~ねぇ」
裏の家は「うらねぇ~」右の家は「みぎねぇ~」など
村民固有の呼ばれ方があり、
私が育ったのは静岡だけど祖父母の家がそこにあったので
事あるごとに津金村で過ごし、私が帰省すると
「よこねぇ~んトコの、しぞぉ~かの、かおりちゃんが来た!」
と歓待を受けて、「かおりが来たからキジでも撃ちにいくずら」
「今夜なんか、満月だもんで、キジなんかで出でこんよ」
という会話が普通にされていて、桃とトウモロコシは食べ放題、イナゴが普通におやつだった。

ド田舎の山の中だったけど
近くに「海岸寺」という行基が開いた
非常に由緒あるお寺があり、文化レベルはとても高い。
海なんか見たことないのに「海岸寺」 謎
(かいがんじというのが本名だが、地元の読みは訛って”けーがんじ”と発音する)

夏休みは、朝はカブトムシを獲り、
桃畑をちょっと手伝い、スイカを喰らい、沢で遊んで、
ヤギの乳しぼりをして、夜は星を見て寝る!
牛が売られて肉になってしまう日は泣いた・・・

という楽しい生活をしました。8月31日の夏休み終わりには
ウチに帰りたくない!と駄々をこねていました。
久しぶりに近くを通ったので「津金村はどうなってるかな?」と覗いてみたら、
これが、すごいオシャレになっていて
ご先祖が通った明治時代の学校の校舎が素敵にリノベーションされレストランになり
マルシェが開催されおり、フィトセラピーをもとにハーブのバスルームなんかできちゃって
品川ナンバーのベンツとレクサスが来ていた。

私はここで生まれ育っていないけど、ここは私の心の故郷。
http://www.oec-net.ne.jp/
↑ おいしい学校

踏み荒らされてしまうのは嫌だけど、栄えるのは嬉しいな。
津金衆が頑張っているので 宣伝してみました。

どこか日帰りで行きたい。と思ったら行ってみてください。
期待していくとどうってことないですが。

講座のお知らせちゃん。


西洋占星術の講座
初心者編・浜松遠鉄百貨店の上のSBS学苑
9月7日、9月21日、10月5日
19時~20時半 7,452円
http://www.sbsgakuen.com/Detail?gakuno=8&kikanno=182802←コチラから

今年の秋はどんな人に巡り合えるかな?
涼しくなってきたから星と書物を読み思考を深めるのいいかも。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー