アーティスト?

占星術師はアーティストと書いたしばらく前の記事にいくつかメールを頂きました。
え?占星術師は芸術家?なの?バカを言うんじゃない。崇高な芸術といっしょにしてはいけない!と
驚きともお叱りともとれるようなメール。
でも私の中で、ホロスコープを読み解く作業は何かわからない価値のある何かを創り出す作業とかぎりなく一緒なのです。
クライアントを前にして難解な星の言葉を読み取るのは
言葉による『肖像画』を紡いでいくように感じます。
土の塊をウンウン言いながら彫って行ってその人の”かたち”を創っているような気持ちもします。
繊細な作風や骨太や、ピカソみたいなの、クリムトみたいなエロいの、ルノワールのような
優しい系、いろいろだろう。
同じモデルでもさまざまな表情の絵があるように占いでもそうだ。
その人のどの側面を捉えてどのように表現していくか…

捉える時期や捉える占星術家によってもいろいろだ。
”癒す”だけではないかもしれない。
その人のドロドロのコアの部分をえぐり出して、クライアントの心をギュッと掴んで
離さない占星術師もいる。

何回か占いに来る方はそんな自分の『肖像画』が欲しくて来てくださるのでしょう。
肖像画は何枚あってもいいし、描き手や手法はいくつあってもいい。
気に入らなければ破り捨てればいい。
ひとつの肖像画に支配されることはない。


私は来て下さった方を前にホロスコープを読んでいると
心が研ぎ澄まされてくるような、広くて遠いところを旅しているような
魂だけになっちゃったような気持ちになる。
(楽しいけど苦しいです)

頭の中にさまざまな風景が見えるような、風景まで行かないけど
ちょうどこのブログの回りの柄のようないろんな色の閃光が走る。
音楽が聞こえる、匂いがする、ざらついた感じ、すべらかな感じ
やわらかい感じ、つまっちゃった感じ・・・
この人とあの人が一緒に居るとこんな色合いが混じる…
実際に見えているわけじゃないけど、脳がかんじる・・・

これを霊感っていうのか、勉強したからなのか
それとも分裂症か・・・?
よくわからない。

絵の才能があったら、その人を描くのに・・・
音楽家だったら、音で表現するのに…

「占星術はアート」なんて認知されていないけど
でもいつかそんな考えが広まる!と思って
そんな風に捉えてくださる方が多くなればいいと
思ってこれからもがんばります!!

ちゃぶ台返しの美学

前々回の記事でいくつかのメールを頂いた。
「どうしたら、そんなに勢いよくやれるんですか?」
「ちゃぶ台返しのお作法を教えてください」
といった内容だ。

よし、伝授しちゃる!!

①返り血を浴びて自分も傷つく覚悟は
肝に命ずるべし。
②相手を倒すためにやるんじゃなくて
悩み多い自分に決別するために
なるべく派手にやるべし。
遠山の金さんをイメージするとよい。
③それから、犯行現場には二度と戻らないこと
精神的にも物理的にも戻ってはいけない。
ひっくり返ったものを誰がどう始末しているかなんて気にするようなら
やらないほうがいい。

この3つさえ押さえておけば
あとは基本的に作法も手順もない。

無事にやれたら免許皆伝だ。
生きている年数にもよるが
2回くらいやると師範と呼ばれる。
それ以上やると師匠だが、同時に危ない奴と言われ
尊敬と敬遠の扱いを同時に受ける。

占星術的に見るとトランジットの天王星が
ネイタルの月と火星のミッドポイントに触れ
そこにT木星がトラインを作る時など成功率は高い。

ご健闘を祈ります。

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

脱皮

私自身はどうしても一皮向けた穏やかな大人に
なれませんが、せめてブログぐらいは美しく華麗な変身を
したいと思い、今夜から深夜にかけてブログの脱皮を開始します。
なんてことはない、工事のお知らせです。
内容もより充実させていきますのでお楽しみに!

まだ左側のカラムは工事中です。2月はじめにはなんとか・・・

工事中、少々お見苦しい画像になりますが、お許しくださいませ。
記事は普通に見れます。ブログ炎上ではありません。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています

ちゃぶ台返し

1月23日のこと、長く勤めた新静岡センター占いの館を離れることになりました。

正直に言おう。原因はこの店の経営方針がどうしても
合わずに「それでは、私は辞めさせていただきます」
ということになったのです。

文字にすると礼儀正しいみたいだけど
実際は啖呵をきったのだ。
ちゃぶ台返し、とも言う。
あ~やっちまった!!と思いながらも
男らしく?さっさと荷物をまとめる私。
青ざめる店長。
よくある話だ。

今まで、何回も心の中でその言葉叫んでいましたが、
ついに本当に言った私はバカだけどエライ!!
タロットカードの
愚者的気分。
または運命の輪かな?

占い師はある種のアーティストだから
自由でおバカがちょうどいい。
”管理”とは馴染まない。

思わず、「辞めます」と言った23日は月が細く細く弱まっていく時。
まさに、デトックス、物事を終了させるのによい時期。
23・24・25とかなり落ち込んだが
新月を迎えた今日26日は、とってもスッキリ!さわやかな気分。

今日、朝日カルチャーセンターで講座をさせていただきながら
つくづく思った。

私は、本当に西洋占星術の世界が好き!
店の売上とかこれからはもう、気にしなくてもいい。
これでスッキリ自分のやりたい西洋占星術で純粋に
勝負ができる!ピンで浮き草稼業をやっていく!

新静岡センターに来てくださったみなさんこれまで
ありがとう!
これからの活動予定はこのブログにて随時アップしていきますので
今後ともよろしくお願いいたします。

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています

待つこと

今、水星が逆行している。(1月31日まで)
月も1月26日の新月を前にどんどん細くなっていってる。

水星逆行中は通信ミスや行き違いが多い。
欠けていく月の時にはデトックス、物事の見直しの時期と言われる。

星のせいか、偶然か、今私の周りには『沙汰待ち』の状況に
置かれている人が数人いる。

彼女に告白した。「少し待って」と言われた。
今日あたり仕事の依頼の電話があるはず。でもオファーはまだこない。
就職の2次試験の結果が遅れてる・・・
手術の結果がどうでるか・・・

待つ時期はつらい・・・
じりじりとジワジワと気持ちはあせるが何も出来ない。
やるだけはやった。ベストを尽くした。
あとは黙って天の采配を仰いでいる。

そんな時には、意味ないことだとわかっていても
ジタバタとしたくなる。だれでも経験あるよね。
先方にさりげなくさぐりを入れたり
自暴自棄になったり、反動で異常にハイになったり
傷つかないように、諦めるふりをしたり
いつもはやらないようなことを始めてしまう・・・

でも最近私はわかった。
『何もしない努力』も時には必要だということ。
努力と言うと何かを積極的にすることばかり思いつくが、
そうではない。
じっとして真摯な気持ちで心静かに何もしない。
ジタバタするのでも、あきらめるのでもない。
そうした時間は今にきっと熟成されて素敵なものに変わる。
あせって苦しくて何の意味もない無駄に思える時間も
今にきっと芳香を放つ。
こうした何も出来ない時間をどのように過ごしたかで
人の魅力も違うように思います。

「何も出来ない待つだけの時間」というのも必要なんだと思う。

水星が巡行に戻り 月のフェイズが変わる2月初旬頃
きっと何かが動き出す。

「沙汰待ち」状態のみなさん、もう少し熟成期間です。

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー