かに座新月

今日はかに座の新月。
どういうことかっていうと 地球から見て月と太陽が同じ方向にあり
太陽から反射して輝く月の光が地球まで届かないのです。
だから 今日は地球のどこへ行ってもお月様は見えません。で、今日は見えないこのお月様のずっとずっと先に「かに座」という星座が
2000年前の座標軸で存在してる。ということです。2000年前の座標ってのは
ちょっと専門的な話になるので 興味のある人は歳差運動というワードで調べていただければ
よいかとおもいますが・・・

さて、一年に13回おこる新月には特別な力があるとされています。
月と太陽を花びらにたとえると 2枚がぴったりくっついてかたい蕾の状態が新月だとすると
徐々に花びらが開花して満ちていく過程が満月への14日間です。
明日になると地球からみて月と太陽の距離が開きます。
だから 細い三日月です。次の日はもうすこし膨らんだ三日月です。次の日はもう少し光を増し・・・
なのでこの時期はやはり何か始める、物事が満ち足りていくことをイメージして精神を統一する
というのにとてもよいです。

かに座でおこる新月なのでかに座的なことがよいと思います。
かに座の象徴することをいくつか挙げてみます。

家族、ほんとの家族じゃなくても、密接なほっこりするようなあたたかい関係。
誰かを守り育てるような慈しむ気持ち。
気取らない、えらぶらない、親しみやすい感情。
ノーブランドでも実際的で有能で必要不可欠なこと。
伝統的なこと。(伝統といっても歴史を誇るっていうのじゃなくおばあちゃんから、母へ、母から娘へと受け継がれていくような 梅干のつけかたとか、きんぴらの味付けに関するような些細な伝統)
母親的、幼稚園の先生、旅館の女将、ミルク、真珠、水銀、キャベツ、胃腸・・・
キーワードをあげると キリがないですが
ポイントは「華々しくなくても心地よく、安心でき、身の丈をわきまえ、ニコニコ」です。
かに座生まれじゃなくても 誰もがどこかに蟹座的要素を持っているんですよ。
そんな部分を活性化させるのによい時です。


今日は私はこの間買っておいた ホーローの鍋をおろします。(鍋は蟹座領域)
キャベツ料理を作ります。真珠を身に付けます。

みなさんは?





かに座

私はかに座がきらい。(だった)
一緒の占いの館でそやつと働くことになった時、私は天敵がきた!と思った。
だいたい、かに座は家庭的とか、やすらぎとか、居心地のよさとかを売りにしている。
私の星座いて座のロマンを、燃え上がる理想を理解していない!と憤慨していた。
(過去にそういう経験がたくさんある)
かに座の有名人は くさなぎつよしとか三谷幸喜、優香、明石さんまとか、なんだか軟弱そうなやつらばかり。一方のいて座は勝新太郎とか織田裕二など物議をかもし出すが何をするかわからない面白みを秘めている。
私は断然私は自分の星座いて座人間を偏愛している。


彼女は、かに座らしくとってもマメだ。私にはできないマメさでメールを返信してくる。そのつど、へんてこな動画だとか、プッと噴出しちゃうようなシャメを貼り付けてくる。
(業務連絡にどこから発掘してきてどこにストックしておくのだかしらないけど、そのタイムリーさと、ホッとする感が絶妙だ。)
例えば、秋の夕暮れにホカホカの焼き芋の画像とか、急がなくてはならない時に空飛ぶ新幹線の絵とか)
それから、よく私に食べ物もくれる。バナナとか、チロルチョコとか、どうでもいいものなんだけど、
あ~コレが食べたい!というときにさっと、それに近いものを出してくる。私はすっかり餌付けされてしまった。
最初は私のことが嫌いなので 毒饅頭をくれているのかと疑ったが、あまりのタイミングのよさと、さりげなさに「これは、いて座撲滅をたくらむかに座の謀略か?」と疑う冷静さが萎えてきた。

だんだん、もうどうでもよくなってきた。
え~い、この人の前ではくつろいじゃえ!と思っている。
なんだか、最近彼女に会いたくて仕事に行っているようなものだ。
これが、かに座の親しみやすさ、馴染みやすさなのか・・・

私はやっぱり、ハメられているんだろうか?
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー