7室土星

先日のこと「お墓コーディネーター」さんにお逢いしました。
へぇ~そんな職業あるのね!とちょっと驚き。
でも近年ますます需要が増していて、あちこちで引っ張りだこなのだそうです。

外国に石を買い付けに行ったり
人の死にまつわる法律の勉強や
宗教やお寺との関係など とても深く考えておられます。

でもとっても若いかわいい女性なのです。

嫁いだ先がそうした関係の石材屋さんだったそうです。
彼女のホロスコープには7室に土星が入っています。
こうした土星の楽しい使い方もあるのね!と思いました。

古典の占星術の教科書には 7室土星は結婚に関して
辛い・暗い・恵まれないなど お先真っ暗なことばかり書いてあります。
でも土星は「古い・伝統・土・墓」などの意味があり彼女はそちらの意味に
使ったのですね。

ご主人ととても楽しそうにお墓をデザインしています。

私も自分ひとりのお墓が持てるなら彼女にデザインを頼みたいです。
戒名じゃなくて 私のホロスコープを墓石に入れて欲しい…

でも死んで狭いところに閉じ込められるのは嫌だから南太平洋に散骨もいいなぁ・・・
子供達は そんな遠くまで行くのめんどくさいから焼津の海あたりでいいんぢゃないの?
といってくれてますが。


最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー