マヨネーズ

先日、久しぶりに実家に行った。
実家は車で1時間ほどの所にあるのですが
行くのはほんとうに久しぶり。
今、こうして書いていてふと思うのだけれどいつのまにか
実家は『帰る』所ではなく『行く』所になってしまっています。

結婚したばかりの頃は、実家はいつも『帰る』場所でした。
でも育児や介護や離婚や仕事を精一杯やっているうちに
いつのまにか 『今、自分が居る場所がいちばん!』になっていることに気がつき
不思議な感情が湧いてしまいます。
自立できたような、淋しいような・・・

さて、そんな実家ですが、ほんとに久しぶりに行った、のです。
行く途中実家の近くのスーパーで買い物をしていたら、
「エコナ・体に脂肪がつきにくいマヨネーズ」が安かったので
ウチと実家の分を2本購入ました。(専業主婦時代の名残でつい安い時にたくさん買ってしまいます

で、母に「ハイ、これ安かったんで使う?」とお土産?代わりに渡したら
彼女も同じところで2本のエコナ・マヨネーズを購入していました。
「腐るものではないし、あんたが来たらあげようと思って…」
「さすがは、親子だねぇ~」とマヨネーズ繋がりで再認識した親子の縁をひしひし感じながら談笑をしていると
そこへ2世帯住宅で暮らす弟の奥さんが買い物から帰ってきました。
なんとなく予感して「ねぇ、もしかしてマヨネーズ買わなかった?」と聞いたら
プーさんのエコバッグの中からやっぱり3本のエコナ・マヨネーズが登場。

マヨネーズで繋がる家族の縁と愛をしみじみ感じた一日でした。

使い切れないのでマヨネーズ好きの知り合いに持っていくことにします。

親子のホロスコープは似ます。

SANTOSHA

うお座の新月の今日、またまたステキな出会いを頂きました。
スローフードandベジタブルカフェのSANTOSHYA(さんとうしゃ)の若きオーナー加藤さん。
http://www.santosha.jp/
若いのに、っていっても小学生が見たらおじさんかもしれないが(お兄さんか?)
私の年代からみればすごい若い!青年社長。で 大沢たかおに似たかんじ。
彼をもうすこしストレッチすると若き頃の小泉元総理大臣にも似てる…キラキラ
んなことはどうでもいいけどこの代表取締役の加藤社長は
食べ物に対するこだわり、レストランという場所を提供することへの考えなどとてもしっかりしていて
”ほぇ~”と感服してしまった。そんな彼の考えに共感していろいろな業種の人たちがこのレストランに集まってきて交流しています。音楽、食育、美容とさまざま。
”レストラン”という体裁を借りたエネルギー溢れる交流の場所。
私の提唱する”占星術はアート”の考えにも 激しく同意してくださり、
占星術セッションもお仲間に加えてくださることになりました。
野菜のお料理もおいしくて お店のねむの木が心地よくて
時間のたつのを忘れてたのしくおしゃべりしてしまいました。

すごく気分よくお店を出て車をはしらせて気がつきました!!
お代金払うの忘れてた汗とか
食い逃げしてしまいました。
わざとじゃありません。あんまり嬉しくてお客で行ったことをすっかり忘れてしまったんです。
ゆるしてください。また食べに行きます。食事
でも今度もうれしくなってお金払うの忘れてしまったら見逃して。走る2
いや、そんなわけないか・・・

私のセッション(鑑定)は
3月15日(日)13:00~19:00
4月19日(日)13:00~19:00
5月17日(日)13:00~19:00
毎月第2日曜日に待機しています。
基本的に予約ですが飛び込みでも空いていればOKです。
予約はお店に直接おねがいします。
054-270-5855

プラネタリウムでアロマ

焼津ディスカバリーパークというところに
こちらをクリック
プラネタリウムがあり、「星空とアロマ」というイベントをやっているというの
でワクワクしながら出かけてみた。

アロマテラピーと星のかかわりは古く、中世は占星術師が医者であり薬草家でもありました。
中世のハーバリストで薬草家のニコラス・カルペッパーなどが有名ですね。
詳しくはこちらを
今では笑っちゃうしかない治療法ですが、そうした文化を探っていくのは面白く
コレ本当かなぁ?とまゆつばもたくさんあるけど現代にも生かせる星と薬草(アロマ)のつながりははたくさんあるように思います。

だから、すべてではなくても、少しはそういったお話が聞けるのかしら?と期待していたのですが…
う~ん・・・毒にも薬にもならなかった・・・というのが正直な感想。
確かに寝るには最高だった。でもわざわざ高速飛ばして眠りに行かなくてもよかったかも。
もっと”知の部分を刺激して”ほしかったな・・・
プラネタリウム番組としてはイマイチだけど アロマの効用は確かにあると思います。
あ~ちょっと物足りない土曜日です。 こんな日にこそアロマオイルを炊きますね。
今日はオレンジとリンデンのブレンドで、シャッキリすることにします。                  

チャート解析2点

中川元財務大臣のヘロヘロ会見のチャートを見てみました。
ローマで14日の昼過ぎ。ぴったりの時間はわからないですが
たぶんこんな感じかなぁ…
中川氏←クリックして大きくしてね。
プログレス太陽にトランジット土星がコンジャンクション。
トランジット水星とネイタル火星がオポですね。多分ボイドタイムだったでしょうか?
トランジット海王星とネイタル月はトラインなのでとても気分よく酔いやすい時でしょうか?
芸術家だったら、幻想的なロマンチックな絵が描けた?メロディが浮かぶ?
双子の木星・金星だからその辺を活かしてお笑いに転向ってのもあり?

お口直しに
笑えるチャートをひとつ。
知人のチャートで自分のかばんを自分の車で轢いた、みんなに愛と笑いふりまく男のチャートです。
かばん3←クリック
買ったばかりのめがねはぐちゃぐちゃ、パソコンは起動せず、かばんはペシャンコという惨事だったそうです。トランジット水星がMCとオポジション、T月がやっぱりボイドです。
もうちょっと時間がずれたT月が火星や冥王星とスクエアを取る時では惨劇の度合いは増していたかも…ボイド時間の出来事なのでこのくらいですんだのかもね。
でも ネイタル太陽にT金星がコンジャンクションしてる彼の場合、この事件、かえってみんなに愛されていいかも。ぺちゃんこになったカバンは敢えて使うべし。いつも持ち歩いて商談の時の話題にしたら、なごみそう
!!笑

でもみんな、ボイドタイムや水星の動きには気をつけてね!
ボイドタイムってなんだかわかんない人は 私の講座へぜひふるーつ☆Cultivation・キラキラ星




アーティスト?

占星術師はアーティストと書いたしばらく前の記事にいくつかメールを頂きました。
え?占星術師は芸術家?なの?バカを言うんじゃない。崇高な芸術といっしょにしてはいけない!と
驚きともお叱りともとれるようなメール。
でも私の中で、ホロスコープを読み解く作業は何かわからない価値のある何かを創り出す作業とかぎりなく一緒なのです。
クライアントを前にして難解な星の言葉を読み取るのは
言葉による『肖像画』を紡いでいくように感じます。
土の塊をウンウン言いながら彫って行ってその人の”かたち”を創っているような気持ちもします。
繊細な作風や骨太や、ピカソみたいなの、クリムトみたいなエロいの、ルノワールのような
優しい系、いろいろだろう。
同じモデルでもさまざまな表情の絵があるように占いでもそうだ。
その人のどの側面を捉えてどのように表現していくか…

捉える時期や捉える占星術家によってもいろいろだ。
”癒す”だけではないかもしれない。
その人のドロドロのコアの部分をえぐり出して、クライアントの心をギュッと掴んで
離さない占星術師もいる。

何回か占いに来る方はそんな自分の『肖像画』が欲しくて来てくださるのでしょう。
肖像画は何枚あってもいいし、描き手や手法はいくつあってもいい。
気に入らなければ破り捨てればいい。
ひとつの肖像画に支配されることはない。


私は来て下さった方を前にホロスコープを読んでいると
心が研ぎ澄まされてくるような、広くて遠いところを旅しているような
魂だけになっちゃったような気持ちになる。
(楽しいけど苦しいです)

頭の中にさまざまな風景が見えるような、風景まで行かないけど
ちょうどこのブログの回りの柄のようないろんな色の閃光が走る。
音楽が聞こえる、匂いがする、ざらついた感じ、すべらかな感じ
やわらかい感じ、つまっちゃった感じ・・・
この人とあの人が一緒に居るとこんな色合いが混じる…
実際に見えているわけじゃないけど、脳がかんじる・・・

これを霊感っていうのか、勉強したからなのか
それとも分裂症か・・・?
よくわからない。

絵の才能があったら、その人を描くのに・・・
音楽家だったら、音で表現するのに…

「占星術はアート」なんて認知されていないけど
でもいつかそんな考えが広まる!と思って
そんな風に捉えてくださる方が多くなればいいと
思ってこれからもがんばります!!
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー