アセンダント双子座

イメージコンサルタントでウオーキングスクール主催の辻本真友みさんと
お食事しました。辻本さんはご覧のとおり元モデルで、センスあふれる方。
tsujimoto.jpeg
http://www.tsujimotowalk.com/
きれいなだけじゃなくって起業家でもあるからすごい!
なんでこの美女が、私と一緒にいるかっていうと それはお友達だから。
なんでお友達だからかっていうと、えーと…それはご縁だから。

男女でもなんであのブスがあのイケメンと??のカップルってあるけれど
それは同性でも同じね。なんかご縁があるんだもん、しょうがない。
辻本さんとテーブルでお食事していると目線が同じ高さだけれど
床に立って辻本さんを見ようとすると私の場合、天井まで視界に入っちゃうくらい彼女は背が高い。
足がわたしのみぞおちまである!これがおんなじ人間か?と思う。あまりにも違うので同性としてのジェラシーはゼロ。

異星人が人間を買い付けにきたら 辻本さん→観賞用 私→食肉用。に間違いないわね。
そんなかっこいい辻本さんだけど、話していると 美女の悩みも一般人と一緒だ。とあたりまえのことに気が付く。子育てに悩み、愛に苦悩している。

彼女は太陽が牡牛だけど月が双子で金星・火星がおひつじ座にある。
サバサバしていて、ぜんぜん気取ってなくて、なんか「男前な美女!」「美女の自覚なし!」
超前向き、というか悩んでも「まっ、いいかぁ~、なんとかなる!!」と考えるらしい。
「私って悩むのは無理!!」となるんだそうだ。

風の宮の月は物事を深刻に考えない傾向がありますね。
彼女はアセンダントも双子座です。やっぱり…古典の占星術の本に天秤か獅子か射手座が美しいと書いてあるけれど現代には通用しないと思う。(この三つのアセンダントは太る!)
今はスリムが第一条件なので 双子か乙女のアセンを持つ人が今時の『綺麗な人』になりやすい。

「綺麗な人」にもいろいろあって お人形さんのように作られた美女でエステとランチだけの人もいるけれど、彼女は違う。生き方にスタイルがある。
地に足がついていて根性がある!あっぱれ!!なかんじ。
歩き方だけじゃなく、彼女のスタイルを学びに彼女の講座に出かけていくんだな。。。
媚ないこの方の生き方に、男も女も魅了されてんだなぁ・・・

占い師募集

鑑定士募集

静岡街中の、ある占いコーナーにかかわることになりました。
私も秋からその場所で、鑑定業務に携わることになります。
この場所で、週1回程度、鑑定をしてくださる方を募集しています。

*占いをひとつのコミニュケーションツールと考え新しい分野の「アート」として
  捉えることのできる方。
*占術はなんでもOK。2種類くらいできるとなおさらOK。(特に東洋系の占術求む)
*オーラソーマ、カラーセラピーなどのセラピー系OK。
*霊感系、物販は不可。


そして何より一般常識があり明るく健全な方、お待ちしています。
今すぐできなくても 登録だけとか、もうすこし勉強してからぜひやってみたい方
まずは下のメールフォームから私のところへメールを下さいますか。

その際に件名を「鑑定士募集」にして下さい。
住所・お名前・電話番号・簡単な自己紹介をお書きください。
メールのあとオーナーさんの審査を受けてみてください。

お待ちしています♪

向島園さん

先日のこと、あるお茶農園の方とお話をさせていただく機会がありました。
静岡はやはりお茶畑がおおいですよ~
images_20090726054057.jpeg

遠くからのお客様がこんな風景に感動されます。
地元住民にとってはありふれた光景で、ありがたみはないんですが・・・
私も遠くへ行き、何気に車窓からみる風景がキャベツ畑だったりすると
「あ~違う土地にきたんだなぁ・・・」なんて思ったりします。

で、今回お話させていただいたのは
向島園さんという茶園の奥様。素晴らしかったのはこの園のこだわり。
しなやかで綺麗な方で「美はすべて自然界の中にある」という言葉に
私は感動いたしました。
園主で24歳の息子さんは若武者のよう。
無農薬で、お茶を通して自然・地球・人間との絆を考えています。

ここで頂いた緑茶もとても美味でしたが、
最近のお気に入りはお土産に頂いた
「カモミール入り玄米茶」と「ペパーミント入り玄米茶」

え~!そんな組み合せあったの?
と私が知らなかっただけかもしれませんが、
これがけっこうイイ!

まさに、先日の『一見ミスマッチ風のものすり合わせ系』です。(7月7日の記事)
向島園さんのHPからも購入できますから 
http://www.mukoujimaen.jp/
50グラム 840円

これを飲んで 日食のパワーと 海王星・木星・カイロンのコンジャンクションの
癒しのエネルギーを体内に取り入れるとよいかも。です。

日食3

いつものように、いつもの大型ショッピングセンターでお買い物をして、
さぁ、帰りましょうと思い 駐車場にもどりました。
でも…車を置いた場所が思い出せない。
ぼーっと乗ってきたので、停めた場所とか降りた時のことをすっかり忘れていて、
数十分前のことなのに、記憶が欠落している。

「え~っと・・・車、どこに置いたんだっけな?」と探し出すけど ショッピングモールの広い大型駐車場で
ありふれた色のありふれた車はなかなか見つからない。
あれ~?立体駐車場jの方に停めたのかな?といつもは行かない方も探す。
でも…ない。最初はのんびり探していたけど、少しあせりに変わる。                           d001
買ったハーゲンダッツが溶け出す。

1Fも2Fも3Fも探す。排ガスの合間をぬって、通路をくまなく探す。でもない・・・
もしかして盗まれた?keyは?keyもない。がーん
落とした?え~!!やっぱり誰か悪い人に乗っていかれちゃったのぉぉぉ。がーん がーん

あせりが怒りに変わり、怒りが恐怖と懺悔に変わる。
あるべき太陽が見えない月に隠されて、突然の暗闇に襲われた古代人の日食を味わっている気分。

悪石島に行った星読み仲間を嘲笑したのでバチが当たったんだ。と思った。
本当は行けなかったのに「ほ~らね。雨でしょ」なんて負け惜しみを言い放った自分にバチが当たったのでこれからは そんな負け惜しみを言わず真人間になろうと誓った。

太陽神であるアマテラスが隠れ、世界が真っ暗になってしまった岩戸隠れの伝説は皆既日食だという。隠れた太陽に出てきて欲しいので残された人が 歌ったり踊ったり楽しそうにしたというけれど、本当はみんなひきつって、半狂乱でテンパッて、楽しそうに歌ったり踊ったりするより仕方なかったのではないかと思う。
今の私だって、本当は泣きべそ状態なのに 『何か楽しいことがあって、駐車場をパタパタ駆けずり回る忙しい人』に見えるもん。踊れ!といわれたら何だって踊る!なんでもする!
きっと古事記の時の神様もそりゃ~もう半狂乱だったに違いない。
私の8室魚座の月が意思とは関係なく勝手に、その時の映像を頭に描く。


オイ、コラ!こんな非常時に古事記時代の神様の心理にフォーカスしてる場合じゃないでしょbikkuri01
   jumee☆think2
それより、車。どうしよう、とりあえず警備員さんに言ってみよう・・・と探すのを諦めて警備室へと
向かいました。
で、歩き出してしばらく・・・大事なことを思い出しました。
そうか、今日は自転車で来たのだった。

    あ
        あ
           ぁ
                          

            がっくり

                 

                     

日食2

各地で日食ツアーの話題を聞きます。
私の「星読み仲間」も数人が南へと日食ツアーに出かけています。
私も悪石島へのお誘いがあったのですが、
行って雨だったら、悪石島で何をしたらいいんだろう?
と現実的なことを考えてやめてしまいました。

今でこそ、日食ツアーがあって、「月と太陽と地球の一体感」となにやら
おめでたいかんじですが天動説の時代の日食は下の絵にあるように
不気味で不吉なものだったのでしょう。
(16世紀の絵で 緑のライオンが太陽をたべてます)
images_20090721031915.jpeg

ある日、突然に昼が夜になるのですからこんな恐ろしげなイメージができあがったんでしょうね。日食の計算ができるようになった現代でもやはり特別な感情は沸き起こり
ユングのいうところの原型イメージは時代や民族を超えて何千年も受け継がれて占星術に反映するのだと思います。

こんなに不気味なイメージでなくてもやはり
何かが死んで新しいものに生まれ変わるのでしょうか?
古典占星術では 食にかかった時間ぶんの年数が 日食の見えた地域に
影響をおこすと言われています。
(1分を1年とみなします。今回は6分半だから、6年半アジアに影響をおよぼす)

太陽=権威、体制   月=民意
月に隠される太陽…ということで
やっぱり?!



最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー