魚+占

今日は「男女共同参画の日 県民フェスティバル あざれあメッセ2010 」
というのに出店させていただいた。
イベントはとても楽しく、お堅いお役所主催のイベントでは滅多に呼んでもらえない
「占い」だけどとても楽しく営業させていただきました。

占いを一つの文化遺産として楽しんでいただきたい!という私の壮大な願いはさておき、
まぁ、楽しんでもらえたかな?と感謝です。

でも 暑かった!!!内緒で冷房設定16度にしたのに ゼンゼン効いていない。
パソコンの熱と人の熱ですごくいっぱい汗をかいた。

汗をかきながら 先週訪れた、岐阜の白川郷の合掌造りの家屋を思い出した。
外は30度以上の暑さでも、中はひんやりしていた。高い天井と茅葺屋根。
木の自然な湿気と、風通しのよさ。
カラクリはよくわからないけど冷房は全くいらなく超快適だった。

自然との見事な調和に驚いた。

もう日本の家屋はこのさい、みんな合掌造りにしてしまったらどうだろう。

「合掌造りルネッサンス」!!何よりエコだし、新しい産業として経済の起爆剤になる。
そういえば、ウチの近所の登呂遺跡の竪穴式住居もかなり涼しい。

合掌造りよりはみすぼらしいが 地震に強い。というか地震で倒壊してもたいした被害はないだろう。

こんなに暑いんじゃ、コンクリートで作った箱の中にはいられない。
私たちは快適さを求めるが故に、本当の快適さを捨ててしまった…

でも登呂遺跡はやる気がない。
静岡市の管轄だけど、そこで働く人はダラダラしていて
同じ市民として恥ずかしい。

従業員は弥生時代のコスプレをするくらいのやる気を見せて欲しいものだ。
県のイベントで占いを出店させるくらいだからお役所だってやればなんだってできるはずだ。

市内の興津川あたりで釣ってきた「鮎料理」を「弥生御膳」という名前で出すのはどうだろう。
「鮎」は神武天皇の時代占いに使われていたという神話があります。
魚+占と書くでしょ。

涼しくて美味しくて占い付き。 すごくいいアイディアだと思ふ。

暑いのでちょっと頭がおかしくなっています…

血管

知り合いに「血管フェチ」という子がいる。
男性の手の甲に浮き出た血管を見るたびに「ぞくっ」として
ドキドキするんだそうです。

額の血管はNGだそうで、手の甲と腕がいいんだそうです。
人の趣味っていろいろだなぁ…と思いながら
わからないでもない。

彼女の火星はさそり座にあります。
女性の場合火星の位置は「好きな男性のタイプ」を意味します。
理性で考えて、身の丈に合った好きなタイプではなく本能的に
フェロモンに惹かれて好きになってしまうタイプを表します。

この場合、さそり座が象徴するように、タフで寡黙でめったに感情を表さないけど
出したら激烈、よくも悪くも「とことん」な人、でしょうか。
この火星だけに惹かれて結婚などしたりすると、たいへんなことになりますね。

まぁそれはいいとして
そう思って観察してみると、アセンダントさそり座の男性に「血管浮き出た系」が多いように思います。

アセン牡牛とか獅子とか魚とか蟹などのぷっくり系はあまり血管が出ていないようです。
といっても観察してみた知人、有名人、クライアントさん20人のうちさそり座アセンが2名。
その2名とも確かに細身だけど結構な筋肉の中に青い血管が目立ちました。
これだけの人数ではなんともいえないけど、でも
血管とさそり座はなにか関係が有るのか…?
確かにさそり座の昔のルーラーの火星は血液をあらわします。
血管については レックスのルーラーシップブックには載っていません。
The Rulership Book← 占星術の辞書みたいの。アマゾンで買えます。

よくわかりませんが、アセンダントさそり座=浮き出た血管という図式がインプットされそうになったんですが
このあいだお使いで、老人ホームにいったらそこにいたお年よりの血管はみんな浮き出ていました。

彼女に言ってあげようかあげまいか悩んでいます。
それか 介護施設に入るのはまだ先で 尚且つ「血管自慢」
の男の方がいたら 杜まで連絡してください。
彼女につなげてあげたいと思います。


新月講座in浜松

先日のオークラホテルでの新月講座には
たくさん来ていただいてありがとうございました。
こうみえても小心者でとても緊張して
しゃべっているので うまく伝わったかどうか心配です。
でも おもしろかった!とか眼からウロコだった!とか言ってくださる
優しい方もあり、もしかしたら私がびびっているので慰めてくださっているのかなぁ~
とも思うんですが そうした言葉はとてもありがたいです。感謝、感謝。

さてそんなアウェイの浜松ですがまた 新月講座やります。
ココ↓クリック 7月28日(水)10:00~12:00
アロマクラフトハウス魔女の家

私のアツいラブコールに応えてくださった
「菅沼ちこ」さんとコラボです。

最近「魔女な方」が多いですが ちこさんの魔女純度はかなり高いです。
元看護士さんで ドイツとハンガリーで薬草修行を積んだ方です。
ちこさんにお会いした時、
露地栽培の地味の肥えた土地で燦燦と太陽を浴びて育ったトマト
を食べた時の記憶が蘇りました。
それまで 温室栽培の普通のトマトは何?だったんでしょう?

お庭でウコッケイとアヒルを飼っていて ドクダミを干してあります。
オリーブも セージもミントも勢いよく茂っています。
そんなステキな魔女ハウスでの 新月講座です!

彼女とはまたコチラでもコラボで 占星術とアロマの講座やります!
SBS学苑

8/30 9/13 09/27 詳しくはSBSのHPを。


ちこさんのハーブショップはこの雑誌にも載ってるよ↓
20100123_825463.jpeg

連絡事項

ほぼ 同時期に ”あっこさん”と”AKIKO”さんと”亜希子”さんと”亜生子”
から 鑑定依頼やご質問を受けました。
一日にそんなにたくさん依頼があるわけではないのに
なんでこの時期”あきこ”さんなのか不思議ですが

この4方が同一人物か、別人かわからずに 混乱しています。
送ったはずのメールが届いていない!などもあります。

すべてに返信をしているのですが もし、届いていない場合は
恐れ入りますがカギのかかるコメントの入れ方で
もういちどメールアドレスか電話番号と苗字をを記入していただけますか?

また、カノンにご予約希望の場合は 直接お店に電話しても大丈夫です。
054-271-0355です。

ご迷惑をおかけしています。
よろしくお願いいたします。

最後まで読んで!

最近、ちょっとバタバタしていて(ありがたいことに!)なかなか
ブログ更新ができなくています。
でもそんな忙しい中、どうしても書きたい!書かねばならない!と思うことがありました。

これを書くと敵をつくるだろ~な~と思いつつ…

講座や鑑定で遠くにいった場合、そこの占いの舘みたいなところに
寄ってみることがあります。(地元ではメンツが割れているので)
もしかして道場あらし?みたいで少々後ろめたいようでもあるけど
「でも他はどうしているのだろう?鑑定士の前に座るクライアントさんの
気持ちはどんなだろう?」と純粋な企業努力の一環だと思っていただきたい。
私のところにも何人かそうした方がきて、もしかしたら知らずにエラそうなことを
言ったかもしれない。

で、N市に立ち寄った先日、駅前の一見しっかりしてる、と思われる
「占いの舘」的なところによりました。
60代らしい その女性は、東洋系の暦と カードでごにょごにょと何か言っていました。
まぁ、当たり前っていうか、ありきたりの鑑定結果を私に伝えていたのですが、
15分くらい経過したところで
「あなたには ちょっと悪い霊がついているので除霊をしてあげたいと思います
とても強い霊で強烈なので何回か来ていただく必要があります。
1回3万円で4回必要です。合計12万ですが一括払いなら10万でいいです。」

!!!!冗談ではない!

除霊だって!?よくあることだけど こんなにあんちょくに 露骨に
ビジネスにしているのか?
私は怒りを通り越して悲しくなった…

占いはいわば「気」という実体のないうわけのわからない物を
扱っていて、わたしだってホロスコープをみながら
ああしたらいい、こうしたらいい、なんて根拠はあるようで不確かな
ことを基に
訳のわからないことを言っている。

私が「除霊10万円」に怒るのは
「蝙蝠が燕を笑う」ようでもある。
「目糞が鼻糞を笑う」っていう言葉もあります。

『気』とか『想い』とか確かに有るように思う。
占いなんか信じないっていうサラリーマンも
神社では拍手を打つし、お守りを買うし
ご先祖は大切にする。
だからもしかしたら 『除霊』もあるのかもしれない。

だけど霊はそんなに即物的なものではないと思う。
あんちょくにビジネスにしている占い師がいる限り
占い師の社会的地位は低いままだ。

ボランティアとかNPOの除霊団体があったら
信じてもいいけどね。
私の場合悪霊を落とすより脂肪を落としたい。
憑いているのは脂肪霊ですか?って聞こうとしたけど
あまりにも頭にきて言えなかった。

「あなたには悪い霊が憑いているから10万円で落としてあげます。」
なんて
「あなたのこと愛してあげるから10万円ください。」
っていう娼婦と一緒じゃん!?

ウチに帰ってきてこの話を同居人にしたら
「う~ん、相手をみて騙されていい。と思えたら10万円でもデートも除霊もする。」

・…
そうか、そういう世界だよなぁ~ 占い師の夜明けは遠いなぁ・…
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー