古典占星術の本

秋の夜長にじっくりと読む本がいくつかあります。
その中のひとつに
「占星術または天の聖なる学」
マルクス・マニリウス著 白水社 があります。
ローマ時代に成立したこの本は西洋の宇宙論・天地の構造論
占星術と天文学が渾然と一体化していたときの
いわば「科学詩」のようなものです。

時々読み返しています。
このブログを見てくださる方にも知っていただきたく
ちょっと抜粋してみます。

「なにゆえ私たちはかくも虚しい試みの数々に骨身を削りつつ
生涯を過ごすのだろうか。怖れや闇雲の欲望に駆り立てられ
老いを早める心配事に悩まされ、私たちは幸福を捜し求め
そのためにかえって幸福から遠ざかる。
願い事に限度がないので、私たちは満ち足りることを知らない。
生きがいを求めつつ、私たちは死人も同然。
富を積めば積むほど、じつはいよいよ貧しくなる。
自然は僅かなもので満ち足りているのになぜ私たちは法外な欲望のため
破滅の道をまっしぐらにすすむのだろうか。・・・・
私たちは無法な手立てを用いても財宝を得たいと望む。
しかも財宝を得たあとは ただそれを狂気のように消尽するしか脳がないのだ・・・
おお、人々よ、そのように無益な労苦、余計な不安の重荷はおろしてしまえ・・・
天の布告する運命に虚しい不平は言わぬがよい。
運命こそは一切を統べ一切は不変の掟に従う。
あらゆる出来事はそれを生んだ時と宿命的な繋がりをもっているのだ。」


エライ人の言うことは古今東西似ているね。
この文の前半はすごく共感します。
でも ラスト3行はどうなんだろう?・・・
いつも、よくわからない。
私、占星術師だけど 信じていないからね、たまらなく魅了されているけれど。

答えはいつか見つかるかな?

51V9eGiRsBL.jpeg

見つかんなくても占星術は好きだな。

アロマと占星術講座

憧れのバーグ先生に来ていただき
自分のホロスコープに沿って開運のアロマオイルをブレンドする講座
やりました。
DSCN4530.jpg
まずは 理論から。占星学と薬草の関係をお勉強。
ホワイトボードの前に立っていらっしゃるのがバーグ先生。
8.5頭身、黒髪ストレートさらさらの方です。
DSCN4581.jpg
そしてムエットでいろいろな オイルをためしてみます。
あ~これは良い香り!というのもあれば
う~ん…なものも。
皆さんのホロスコープと照らし合わせると、占星術師的にすご~く納得。
ホロスコープの証明を香りでやっているかんじ。
DSCN4584.jpg
そしてみなさんバーグ先生の意見を聞きながら
自分のブレンディング。
基本的にアセンダント、月、太陽のオイルを混ぜるとその人に心地よく
長所を引き出すものが出来ます。
でもそのパターンはいろいろあって、そこの微妙な組み合わせは
バーグ先生ならでは。
いい匂いで満たされ、お勉強になりました。

ものすごく知識が豊富で、クレオパトラをだいぶ可憐にした感じの
セレブな先生。
でも講座後のお疲れ様会では チンタオビール(小)をラッパ飲み
しているお姿がすごくサマになっているんです。

庶民が近寄っていいのかな?と危惧してしまうほどキレイな方ですが
サバサバとお話されるので
「あ、和田アキ子テイストも1パーセント入っている」と感じて
ますます魅了されてしまいました。

講座では ローズ、ラベンダー、ジャスミンなどいわゆる「いい香り」
だけではダメで スパイクナード等の「臭くて強烈な香り」が
ホントにホントにちょっと入ると「普通のいい香り」が「この上なく良い香り」になるんだ
とお話されていました。

そ~か。そうだったんだね。


来てくださった60名の皆様ありがとうございます。
遠方から、京都、神奈川、東京から皆様ありがとうございました。

7室天王星

ずっと前にも書いたことがあるけれど
数年前に ある中年の女性がやってきて
こういいました。

「高校生の頃、趣味で星占いをやっている隣の隣のクラスの子に
こういうので(ホロスコープ)占いしたら
離婚する!あんたは絶対に幸せになれない。といわれました。
今、実際に離婚して今ドンゾコですが コレはほんとうですか?」

と言って黄ばんだレポート用紙に書かれた手書きのホロスコープを
見せられました・・・
それは
数十年前に私がコンパスと定規で書いたものでした。

もちろん彼女も私も、同級生だとは気かつかず鑑定していて
途中でわかって驚いたのですが。

見るとやはり7室に天王星があり月や太陽とハードなアスペクトをとっていたので
当時経験も浅く、素人の読みでは「離婚する!不幸になる!」などと
古典の教科書とおりに恐ろしいことを言ってしまったのでしょう。

それに、彼女がわたしより断然可愛くてモテるタイプだったので
美人の不幸は味わい深いハプニング、他人の結婚なんか知ったこっちゃない!
とホロスコープをネタにさんざん
イビッてしまったようです。(詳しくは覚えていないけど多分)

本当に悪かったと思います。
(今、来ていただく方にそんなことはいたしません)

で、数十年ぶりの再開で、非礼をお詫びして
でも懐かしく話が弾み、その時からまた彼女とのお付き合いが始まりました。
学生当時は お互いに虚勢を張って牽制しあっていたけど
今は身も心もまあるくなって 程よい距離で仲良くしてました。

あれからまた5年過ぎた今、
なんと彼女から「結婚披露パーティ」のお知らせが!!

シンプルな封筒の中に日時・場所を知らせる文字と

「再会の時の鑑定ではありがとう。
言われたとおり 7室の天王星とやらのテイストを活かして
良い奥さん、かわいい妻になろうなんて気持ちは捨てて
お付き合いしだした彼とこのような経緯になりました。
しばらく長野と静岡の別居婚で私も仕事を辞めないですが
楽しくやっていきます」


そーか、そーか、やっぱり別居婚ね。
7室天王星の人にはそういう方が落ち着く。
学生時代は教科書どおりの読みで「離婚する!」なんて
呪いをかけてゴメン。

パーティでは号泣させてもらうよ。

何を着ていこうかな~ と今のところそれが楽しい悩みです。

紅葉

山の中が大好き!

私のところへ来て下さる方の”ため息”を
たくさんたくさん聞いていると
私の頭の中が二酸化炭素で溢れてしまって
長く続くと辛くなってきます。

TS2D0258.jpg

だからこんな時はみどり溢れるところへ出かけて
エネルギーチャージ。
っていっても今回はみどりじゃなくて「紅葉」です。
梅が島あたりです。すごく色鮮やかでした。街中から一時間ちょっとで
こんなに鮮やかな紅葉地帯があるなんて知りませんでした。

TS2D0269_20101114222232.jpg
ここは「赤水の滝」
携帯写真ではわかりにくいけど 迫力あります。
清らかです。

滝壷に下りたい!川の中に入りたい!
と思いましたが そんなことをしている人は
いなかったので大人しく見るだけ、感じるだけ、にとどめてきました。

名前

今日はPコックイケダhttp://www.p-kokku.com/さんの
おいしいランチを頂きながら(ここホントに美味しい!)
友人と「名前」についての話が弾みました。
私は姓名判断はよくわからないのですが、「名前」って重要だと思います。

語感というか音の響きはやはり何かあって たかが「呼び名」なんだけど
言葉にはやはり、魂が宿るなぁ~という気がいたします。

知り合いで健(ケン)さんという男性が 親の再婚で千葉という苗字になり
静岡県在住なのに 千葉健になってしまった話とか
美香ちゃんが三河さんと結婚したので 三河美香ちゃんになってしまった話など
大笑いしました。

で、その後私はまた別の会合へと行ったのですが
なんと「カオリーナ」ちゃんというデンマークと日本のハーフの赤ちゃんとご対面。
英語読みしたらキャロラインなんだろうけどデンマークの発音だど
日本語のように「かおりーな」なんだって。
デンマークには普通にある名前だそうで。
なんかうれし~♪
TS2D0256.jpg
(Carolinaちゃん)
しあわせになってね!

そういえば カオリンとかカオリナイトっていう鉱物(石)もあるそうで
いつか手にとってみたいなぁ~
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー