またか。。。

予定では 今ごろケラマの珊瑚の海で
ウミガメやクマノミと戯れ、
陸ではアグー豚の食べ放題をしているはずだった。

しかし、出発の5日前にツレの父親が入院してしまった。
おじいちゃんは95歳。いつ何があってもおかしくない・・・ということで涙のキャンセル。
まぁ、親のことだから当然だけど残念。

そういえば、名古屋のタロット教室練習会の時に生徒さんに
この旅行について材料にしてタロットカードを引いてもらったら
みんな「タワー」とか「吊るされた人」とか「死神」とか「ソードの10」
とか出て、「えっ!!」と思っていた。
解釈に苦労して言語化するのに四苦八苦しているのが
伝わってきて困ったっけ。

MAJ16S.jpeg   MAJ12S.jpeg 

みんなで恐ろしげなカードを出したんで、
「私、溺れて死ぬんかな~」なんてチラリと思ったけど コレのことだったんか・・・ 

行っていたら、もしかしてホントに墜落とかウツボに噛まれるとか酸素切れとか
でたいへんなことになっていたのかもしれない。
じーちゃんが体を張って阻止してくれたのかもしれないな。

思えば私にはドタキャン歴がいっぱい。
去年は上海に行こうと、すべて準備していたのに3日前に母親が倒れ、
上海ショウロンポー食べ放題の旅は消え、キャンセル料だけ払った。

その前年か前々年は 娘と北京に行こう、ということいなっていて
すべて支度して「さぁ!」って時に自分のパスポートをみたら
期限切れに気がついた。
http://morikaori1.blog37.fc2.com/blog-entry-167.html
自分のバカさを呪い
キャンセル料を払い北京ダックは幻になった。

ちょっと残念なので
ブログにぶつけてみた。

まりこさんに愚痴ったら、
「行っている時じゃなくてよかったですよ」
と言われた。
けいこさんにも愚痴ったら、「アメリカやイギリスの金額が多く長い時じゃなくてよかったすよ」
といわれた。

ほんとに、ほんとに、そうだよね、みんなありがとう。

『人間万事塞翁馬』 座右の銘にしよう!

ヴィーナストランジット

さて、さて金環日蝕の次は6月6日には金星の太陽面通過だそうで
今年は天文ゴールドラッシュ。

ヴィーナス・トランジット=「金星の日面通過」とは、太陽・金星・地球が一曲線に並び、地球から見ると金星が太陽面を通過するというもの。

だからなんなの?って思うけど 不思議なことにこうして地球から
太陽と金星が重なる日をの位置を
線で結んでいくと 精密な五弁の花びら 五芒星ペンタグラムになるんです。
太古から金星の象徴するものに五弁の花=薔薇などがあるけれど
まさにアフロディーテにふさわしい
調和のデザイン。
美を扱う人には良い配置。

下の動画などわかりやすい。




一方、木星と太陽が重なる点を結ぶと(木星は太陽より遠くて通過する点は見えませんが)六芒星、ヘキサグラムができます。
まさに「ダビデの星」「ソロモンの紋章」という別名もある六芒星は王者(木星)にぴったり。
太古の人はこうした星々の動きを知っていたのでしょうか?

詳しくは「星たちのダンス」惑星が描き出す美の世界 ジョンマルティノー を読んでください。

誕生日

A子さんの 切ない恋愛を応援していました。

メールアドレスから どうやら彼のお誕生日が9月3日 らしい・・・
ということで いや、絶対そうに違いないと 彼女は勝手に確信して
ワラにもすがるおもいで、いろいろと占いをたのんできました。

二人の相性図はイマイチだったけど
私はがんばって彼女に明るいシナリオを提供しました。
なんとかうまく行く方法を考えました。
告白するタイミング、シナストリー、ミッドポイント、ハーモニクス・・・

彼女と共に私も眠れぬ夜を過ごしました。
目の下にクマができました。

結果・・・二人はうまくいきHappyになりました。
で、付き合いだして判ったことですが、彼がメールアドレスに
使用していた0903という数字は 彼の誕生日ではなくて
ドラえもんの誕生日でした。

どっと力が抜けました。


業務連絡

コレ でした。

正統西洋占星術大全 増補改訂版―西洋占星術の基本から応用のすべて (GAKKEN MOOK Special) (ムック - 2000/6)

日蝕グラス

日蝕グラスというのを買いました。
昔は 理科の時間に黒い下敷きで太陽を見ていた記憶が
あるけれど、それじゃ、だめだっていうから1480円も出して
パンダ柄を買ってしまったよ…

shop_SP8010500.jpeg

たかが日蝕、毎年どこか起っているんじゃん
そんなにフィーバーすることか?と思いつつ
わたし、このギョウカイの人だし、まいいか。ということで。
2035年9月2日まで生きるとまた日本で大きく欠ける皆既日食を見れるけど
(それまで小さいのは何回かある)
ほんとに中部の内陸部に限られているし、もうこの世にいないかもしれないし
ボケているかもしれないし。
今回のように 日本中津々浦々でみられるのは稀なこと。
でも、今回見られる日蝕帯の地域は 地震がくるとヤヴァイ部分とリンクするので
なんにもありませんように、と思います。

この地図は2035年、次回日本で見ることのできる日蝕地図。
赤い線のところ。
ちょっとしたソフトがあればいつどこで見れるか簡単にはじき出すことができます。
無題

でも昔はこうした天文予報は容易じゃなかった。
江戸時代の天文暦師で土御門家陰陽師系で幕府の人で数学者の
渋川 春海って知っている?

日本で初めて正確な暦を作った人で日蝕の予測を正しくした
算数オタクの御仁。
その映画が秋に公開されるそうです。
images_20120507023037.jpeg
http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html

原作は とてもさわやかな青春小説でとても
よかった!大のお気に入り。

映像がどんなか楽しみにしています。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー