六本木で

今日、たまたま入った六本木のコンビニで
「じ」という名札をつけた学生さんらしい男の子の店員さんがいて
びつくり!!
(最近 名札がひらがなで表記されてる店員さんて多いですよね)
でも「じ」?って?
しばらく前、鑑定中に「ボク実は、次男です」を「痔なんです」と聞き間違えて
珍回答をしそうになったお話は書きましたよね?
そんな記事も頭の中をよぎり「じ」って苗字は、いったいどうゆう字だ?と  jumee☆whyL
ウーロン茶を1本買う間に 「地さん」かな?「次さん」かしら?まさか「痔」なわけないよね、
それだったら「ぢ」だもんなぁ~と 猛烈に疑問がわいて
「あのぅ、どういう字を書くのですか?」と聞いてしまいました。

すると「いつくしむと書きます」=慈
と涼やかにお答えになりました。Brilliant.

美しい!!そ~だったのかぁ3はーと

スミマセン、バカなことを聞いてしまいました。
みんなに聞かれるんだろうなぁ…ゴメンね。
爺さんになって「慈ィさん」って呼ばれても彼は、あの涼やかな笑顔でいてほしい・・・

今日はそんなことをやりに六本木に行ったんじゃなくて星
日本の占星術界のリーダー的存在である(知るひとぞ知る重鎮)
近藤テ留ミさん(ウルアンナ鳳宮さんとも言う)ともう一人のお友達と占星術談義を展開しに行ったのです。
http://www.astrology.jp/ ウルアンナ先生のHP

近藤先生は、ジャンルや流派といったものを飛び越えて
日本での占星術を確立した人で国際的にも活躍されているほんとうにすばらしい方。
で、そんな方と、ざっくばらんにいろいろとお話できてとても貴重な時間を過ごさせていただきました。
NCGRというインターナショナルな占星術組織を日本でも広めていきます。
(私もそのお手伝い。興味ある人は連絡ください)

がんばるじょー
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー