桔梗

散歩をしていたら 桔梗が綺麗に咲いていました。
きれいだなぁ~と眺めていたら 昔のことをおもいだしました。

images_20090705025912.jpeg

幼稚園の頃だったと思うけど
この桔梗のつぼみ。
         ↓
180px-Kikyo_tsubomi.jpeg

この折り紙で作った紙風船のようなツボミを”プチン”とつぶすのが面白くて
近所の花壇のツボミを毎朝つぶしていました。
(罪の意識はまったくない幼稚園児のころです)
今でも感触が甦るけど、梱包材のプチプチをつぶす快感に似ていて
それの3倍くらい迫力があります。
”明日はどれがつぶせるかな~”と楽しみにしていて
でもある時花壇の持ち主に 犯行がばれ 
とても悲しい顔をされました。
罪の意識のない幼稚園児でしたから よく覚えていないのですが、
おばさんの悲しい顔が焼きついてそれ以来「桔梗プッチン」はやっていません。

本日、久しぶりにというか、40数年ぶりにやってみたくなりましたが致しません。
(当たり前です)

40数年前の桔梗さん、花壇のおばさん申し訳なかったです。

でも子供はいろんな残酷なことしますよね。
カエルの皮をむいたり、昆虫の足をもいだり・・・やりませんでした?わたしだけ?
大人がやったら猟奇的だけど、子供はそうして大人になっていくんですよね。
もし読んでいる方のまわりで「桔梗プッチン」をしている子供を見かけても
叱らないであげてくださいね。
(よい子はやらないでね)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕も子供の頃 トンボに爆竹を張り付けて飛ばしたり
カエルの口に突っ込んだり、近所のムカつく犬の小屋に爆竹の束を投げ入れたりしました。

これを読むと僕は爆破魔のようですが今は大変いい人です(^_^;)

No title

あたしは、爆竹には手を染めませんでした。
子供の頃、ご近所だったら、一緒に爆竹の楽しみを分かち合えたのに…
って、yamaさんあなたは、やっぱり爆竹魔です。

No title

私は、小さいときから犬猫v-283を飼っていたり、同居の祖母が畑を作っているのを間近でみていたせいか、杜先生のような残酷なことに全く興味がありませんでした(もう、この頃から優等生タイプ!!)その代わり、そういう行動をしている友達を見ると、先生に言いつけるイヤな奴でした(必ず居るでしょ、クラスに一人!!)
しかし、それから時は流れて大人になった今、動物や植物v-299を愛しむ気持ちに変わりはありませんが、ときどき主人のクビをしめてやろうかと思うことは多々あります(残念ながら一度も実践していないが・・)やっぱり残酷なことは子供のうちにしておいたほうが良いと思います。

No title

私がやった 残酷遊びは蝶々の羽をはさみで切っていました。
今、思い出せばまったく残酷ですが、なんだか鋏で切ったのでした。。。どういう理由かまったく思い出せません。今は出来ませんね

No title

大きな声ではいえませんが、子供の頃ザリガニを半分にちょんぎって、共釣りをしていました(-_-;)
今考えたら、なんて残酷なことをしていたんだろうと、ギョッとします。

ところで、毎年時が早く感じる話。
私も先日ブログに書きました。
シンクロですね♪

No title

大阪マダム、
マダムと幼い時に知り合わなくてほんとによかったです・・・私、絶対に嫌われてました。
イタズラをしたい衝動のある子が大人の作ったお利口の鋳型にはめられたまま大人になっちゃうのはいけないけど
マダムのように「真性よいこ」《皮肉ではく本当に》は 絶対数必要だと思います。子供であっても子供なりの世の中の秩序を守る人は必要ですからね。


ペコさん、
私は 刃物には手を染めませんでした。
でもペコさん、その時にそういうことしておかなかったら
今ごろは切り裂き魔になったとおもいます。

PANARIさん
それは、私もやりました!
でも驚きは、虫も殺さない感じのやさしげなPANARIさんが
そんな やんちゃだったなんて! 親近感を感じました!


やってしまいました

良い子のはずで、大人なんですけど…つぼみを見つけた瞬間に、このブログを思い出してしまい…何度も桔梗の周りをぐるぐるしながら…プチン…やってしまいました。あぁぁぁ。それも2個。知らなきゃやっていなかったんだろうぉけれどぉぉぉ。自分を止められませんでしたぁぁぁ。v-390

これでやっと注意する側の大人になれるんだわ…。v-510

そう思ったら、注意する大人っていうのは、自分が体験したことへの罪の意識なのか…異常に反応してに、人に注意してる・・・過去の自分を叱咤してるんだろうか…

桔梗蕾プチン事件は、こうして私を大人にしてくれました~

って、どんなおとなだ??子供と一緒…v-393

No title

そうです。これは占星術的に 土星的体験です。
一見は火星と金星コンジャンクション的の快楽ですが
罪の意識に変わるので その人の土星がより充実していきます。
火星・金星の快楽の過程を経て、罪の意識の土星を意識した時
土星は真の力を発揮すると思います。

料理の味付けでもそうですよね。苦い料理でも下味に甘味のある隠し味をつけておけば奥行きの深い苦さになり、おいしくなります。
だから、いっぱい悪いことはしたほうがいいんです。

むやみに叱る大人は奥行きのない味付けをしてしまった人で
自分自身の苦味を葬り去るためにうわべだけを整えているのに過ぎないとおもいます。

なんだかよくわからないコメントになってしまいましたが、
うのっちさんもどうせなら20個くらいつぶして、ご近所の子にも密かに教えてやってくださいね!


最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー