酒井法子さんホロスコープチャート

本日のお勉強会で 酒井法子さんを取り上げてみました。

酒井法子さん

占星術にちょっと詳しい人が見ると おお!となる星の配置です。
ネイタルの太陽に対してトランジットの木星がコンジャンクション。
緑色の大き目のマル印をつけてあります。
教科書には12年に一度の幸運期とありますが、木星の効果は
必ずしもラッキーなことだけではありません。
物事を明るみに出す、隠れていたものにスポットを当てる、などの意味があります。
コツコツと真面目に善行を続けてきた人には文字通り幸運を授けますが
そうでなければ、反対のことが起こってきます。
ホリエモンが逮捕されたときも ネイタルの太陽に対して木星がコンジャンクションでした。

彼女が持っている10室のネイタル木星(甘え許し)・海王星(薬物)コンジャンクションは、今現在も起きている星の配置で(とても象徴的です) それが彼女の1室太陽と重なります。1室の太陽は7室(結婚相手)のルーラーでもあります。

それから、驚いたのはプログレスの太陽とネイタルの月がタイトなオポジションを形成しています。
かなり窮地で葛藤の起こる配置です。
緑の小さいマルをつけてあります。

プログレスの月と太陽はバルサミックムーンです。(新月に向かう。月の光が細く弱くなるフェイズ)
これまで加速をつけて何かをやってきたとしたら 減速して人生の
方向を見定める時です。
減速しないと人生の大きなカーブを曲がりきれずにコケます。壁に激突です。

この星の配置をうまく使えば、生まれ変わりの時。
余分なものを削ぎ落として真面目に真摯に人のために生きる時。
これから多感な時を迎える息子さんを置いていかないで、ひょっこり帰ってきてね。
別の意味で”生まれ変わり”しませんように。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

うー すごい! みずがめ座12年に一度の幸運期ってどの本にも書いてあるけど、木星の作用は もっと深いいみがあるのですね。
明るみに出す。のですね。

No title

 木星─海王星のコンジャンクションがもたらす負の一面が強調されたのですね。とても興味深いリーディングでした。

れのんさん、

初コメありがとうございます。
明るみに出す!のです。コツコツがんばっていれば努力が明るみに出て、認められて幸運になりますね。でも、間違った方向でがんばっていれば当然、反対のことになってきます。
私も、木星が自分の太陽の所にくるのはあと数回。まじめにコツコツがんばります。

corgivilleさん

コメントありがとうございます。
私の友人で、音楽家で海王星コンジャンクションを持つ人が自分のネイタル月と このセットがコンジャンクションした時に、曲が次から次へ出来たそうです。

海王星…得体が知れないなぁ

うーん、海王星ってのは…天啓?なるほどぉ。使い方間違うと大変だ…。結婚によって、彼女の運命がどんどん変わっていたんか?

それにしても『タイミング』っていうのは…星の運行って、本当にすごいわぁ~。すごいわぁ~。

うのっちさんへ

結婚によって運命がどんどんかわる、というのは彼女の場合
強いと思います。
7室のルーラーが太陽で1室にありますから、かかわる相手からの
影響というのは強いのでしょう。
海王星・・・知らない間にじわ~と効いてくる得体の知れないもの・・
のイメージですね。うまく使えば”気分”とか”音楽”とかなんでしょうけど。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー