絵日記

山に行きました。
中国へは行きそびれるし、地震で東名が通れず遠くへはいけない。
でも、どこか行きたい・・・

ということで特にあてもないけど、近所の山へ。

自宅から車で1時間くらいの名もない山道を車で走っていくと
なにやら展望台らしいものが その先にあるという。
そちらに向かうと、途中からぐんと急な坂道になり、道も細くなる。
こんな急勾配を予期してなかったので、ちょっとびつくり。
いきなり、富士急のドドンパに乗せられたかんじ。
緑が濃くて、霧も出ていて、なに?ここ?雲南省?てな気分。
途中、崩れかけた石垣もあり、マチュピチュ気分までおまけについてくる。

杉尾山ドライブマンガ

で、頂上にはりっぱな展望台がありました。
人がだあれもいなくて 360度のパノラマを独占。
眼下にひろがるのはどこまでも続く茶畑。
でもこの急勾配の茶畑でどうやって茶摘をするんだろう?

               杉尾山頂a

ヒグラシが鳴いていた。
住宅地の平地に住んでいると、生ヒグラシはあまり聞かない。
最近はテレビの時代劇の夕暮れのシーンなどでしか耳にしないので
カナカナカナ…という音が 懐かしくてうれしかった。

今度は、空気の澄み切った秋の夜、この展望台に来て
星を見たい!と思った。

杉尾山というんだそうだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

杜先生の住んでる辺りって、ヒグラシあんまり居ないの??
横浜のうちの近所は、竹やぶがあるせいかこの時期、物悲しく毎夕聞こえます。でも私、あの鳴き声、嫌いじゃないんですよね。

大阪マダムへ

ヒグラシ、あんまりいないですよ。
油ぜみとクマゼミともう少したつとツクツクボウシはいます。
あの物悲しいカナカナカナ~♪は 久しぶりに聞きました。

No title

私も混んでいるときは東西(東京・名古屋方面)ではなく、北(井川・梅が島・川根方面に行きます。
くねくね道と山道の運転が苦手なので、もっぱら助手席ですが、山の緑は良いですね♪
目が洗われるって、このことだなあと思います☆

山の方に行くと、どうやってここで作業するんだ?と不思議な場所がいくつかありますね。
落人忍者でも住んでいるみたいだわ♪

杉尾山
初耳ですが、行ってみたくなりました♪

PANARIさん

自然の中はいいですよね。
いろんな浄化方法あるけれど、私は
手付かずの山の中にいるのがいちばん。

杉尾山、おすすめだよ!

杜さんの写真

ひぐらしの話題の前に…

プロフィールの顔写真変わりましたね~。なんか、こう、前とは違って、柔らかみが…後光ですよ後光v-481

ちなみに、絵日記の絵は、御自身で書いたのですか?
うますぎる…味がある、高感度MAX!犬の絵も…個性的味!

次回、秋の杉尾山の絵日記も期待するずら。

アメリカのセミは…うるさいです。オーストラリアのセミは超うるさかった。

No title

拝むといいことあるかもしれません・・・

絵は、ドレイが書いてます。

うるさくないセミっていないと思う。
まぁ、ヒグラシはうるさくないかな?
アメリカとかオーストラリアのセミって体がおおきいんだろうか?
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー