マンデン 日本うお座

現代の星占いは個人を占うのが主流だけれど、もともとは王様が国家の行方を占っていたみたいです。
今では「マンデン占星術」といって政治や経済を占ったりする分野があります。
占星術と金融の両方の知識を備えた大物が株の売買で暗躍しているそうです。。。
複雑でカオス的な経済の活動も、もしかしたら人の心と同じように星と関係あるのかもしれないですね・・・
私は 経済には疎いのでマンデンはやりません・・・できたら大もうけできるかな?

さて、そんなマンデン占星術ではそれぞれの国を12星座にあてはめて占っています。
例えばアメリカは軽いノリのふたご座、インドは哲学的なやぎ座、
フランスは自由な射手座です。
(フランスの語源は槍を持つ自由人=フランクと聞いたことあります。確かめてないけど…)
日本は一応てんびん座(礼儀正しいから?どっちつかずだから?)なのですが占星家によって諸説あり、うお座を当てはめる人もいます。

今回、私は熊野を歩いてみて 「日本人うお座説」を確信しました。

熊野にはお寺と神社と神道以前の自然崇拝が混じっていました。
ご神体は 鏡ではなくて滝、神社の真横にはお寺というように
この、なにもかも混じってごっちゃになってでも調和している感じがうお座だなぁ~と思いまし
た。神社とお寺がしっかり今のように分かれたのは、国の政策の都合があって
明治以降のことと聞きます。
もっと昔は、神も仏も道祖神もカオス状態だったらしいです。うお座のように…

その名残が熊野にあって私はこれから日本人うお座説を取ることにしました。

うお座って、私はよく海にたとえます。
川が海に流れて 排水も汚物も、清流もありなんだけど、みんなみんな海に流れ込んでごっちゃになって、浄化して新しい何かを生み出す。汚れても、ふんだりけったりされても
すべて受け入れてのみ込んで、拒絶なしの、はがゆい、優しい、頼りないけど不思議な再生能力は
うお座かなぁ~と。。。
考えてみれば、日本てすべてそうですよね~ あらゆるテイストを取り入れて
混ぜ合わせて、いつのまにか「別の何か」を作り出してます。カツ丼、アンパン、オムライetc・・・ 
アメリカと戦争して大きな爆弾まで落とされたのに、なんか今は仲良くしている日本人はとってもうお座だと思いました。

うお座のみなさんゴメンナサイ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー