特訓

ここ連日、「占星術フェア」にむけて鑑定部員の猛特訓をやっています。
あるチャートを見ながら、鑑定士とクライアントになりきって
ロールプレイをしてもらう
、というもの。
これが、とってもおもしろい!
みんな ある程度ホロスコープは読めても、それをどのような言葉で伝えるかという
訓練はあまりやっていないので、模擬現場?ではドギマギしてしまうようです。

鑑定士役でもクライアント役でもその人の私生活がにじみ出て
不動産屋さんは物件の紹介みたいになってくるし、薬剤師さんは薬の作用を説明する口調
になるので爆笑の連続。

「こう言ってきたらこう返す」みたいな教科書ガイド的なマル秘トーク集の伝授。

私は、占いは所詮、占いでしかなく、この世のあだ花だと思う
なくてもいいものだと思う。だけど人間は、弱い。だから、その弱さにつけこんで占いを使って悪いことをする人も多いと聞きます。
でも 人間の弱いところにすっと入っていける占いだから、つけ込むのではなく、寄り添って、騙すのではなく癒す。
もし、騙すのだとしたら、悪く騙すのではなく
いい方向へ騙してあげることもできるのではないでしょうか?
ありえもしない馬鹿力を出してあげるとかね・・・

だから、占い師は自分の占いを信じていてはいけません。
自分の出すお酒に自分が酔っ払っていたら、お客は気持ちよく酔えませんから。

でもどんなに醒めてみても、どれほど疑ってかかっても
やっぱり強烈に魅力的な占星術!

ずっとかかわり続けていくでしょう。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。初コメさせてください。すごく納得。占ってもらってその人が自分の占いは絶対!!と押し付けてくると こちらは引いてしまいます。でも、杜さんのように、どうせアダ花だけど。。。あってもなくてもいいものだけど。。。という考えはかえって信頼してしまいます。
ご本人にお会いしてみたいのでめーるさせていただきます。

ありがとうございます。

緊張(^^;しながら メールを楽しみにさせていただきます。
実際の私にあってもがっかりしないでくださいね。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー