上海2

かたぎのお仕事の方たちは
もうすっかり平常モードかとおもいますが、
私にはまだ 上海の熱気と往来のクラクションの音や
仲間の関西弁が(一緒に行動したお仲間が関西の人だったので)
頭ン中をコダマしています。

たった5日間しか滞在していないのに
日本に帰ってきたら 日本の道路が平和すぎてなんかヘン。
街の電飾が地味で(上品)日本って、しみったれた国なのかしら?と思えます。
窓から干した洗濯物が見えないのも、往来で鶏をさばく光景がないのも物足りない。
トイレのドアの鍵がかかるかどうかチェックするクセもついてしまった…
そう、トイレで、現地の美人がドアを開け放したまま用を足すのを目の前でみました。
びっくりしたした私が悪いみたいでした。
その女性、その後なぜか トイレの水道で平然と米を研ぎだしました。
なんだったんだろう???

でも、古いお寺をまわったり上海博物館などをみていくうちに
少し思ったのですが、
中国ではトイレのドアがあろうとなかろうと、赤信号だろうと青だろうと
車が壊れようとそんなのたいしたことじゃないのね。

四千年の悠久の歴史の中ではトイレでコメを研ごうが 鶏をどこで
さばこうがどうでもいいことなのね。
おおらか、ということなんでしょうか?
大陸的、というんでしょうか?
日本も少しは見習った方がいい?

なんだかんだいっても中国は日本文化の産みの親。
博物館で古い書物や、圧倒的なお宝を目にした時に
「ああ、この親を永遠に超えられない」としみじみ思いました。
中国を心底、リスペクトしました。

ヨーロッパやハワイもとても素敵だけれど所詮私たちはお客様。
でも中国とは、なんだかよくわからないけど、うんと深いところで
私たちと血肉を分け合っている感じがしました。

上海のあの有名なテレビ塔のあたりの夜景だよ。
これを目にすると、日本のラブホのライトアップが
とっても地味にみえます。


上海0

でもこれから万博などで上海に行く方は車の事故にはほんとうに気を付けてくださいね。
昨日UPした写真のような事故を3回みました。あ、危ない!!って思ったのは数え切れません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

杜さん今日はありがとうございました。
また、きちんと見ていただきたくなりました!

私アジアが大好きでベトナム・タイなどへ行ったことがあるのですが、やっぱりアジアはなんと言ってもパワーがありますね!帰ってくるとなんだか日本の方が負けてるな~ってきになってしまいます。

中国はまだ行ったことがないのですが、やはりルーツであるのを無視できないというか。行ってみたいです。

たっこさんへ

たっこさん、今日はありがとうございました。
やっぱ、アジアはすごいです。
ちょっと誇りにおもいました。

占星術、これは世界のあちこちにあって
私は中東で発祥して西洋で今の形になったものを専門にしていますがアジアの占星術(四柱すいめいとか 紫微斗数)なども勉強してみたいと思います。 

No title

中国とは”血と肉を分かち合っている”っていうの否めませんね。
やっぱり、身内。でも私たちとは身内なんだから、もうすこし
こぎれいにしてほしいです。 同じアジア人としてひとくくりにされるのはいやだ!と思いました。

ルカさんへ

ハハハ…確かにね!きっと日本の昭和30年代半ばの感じなのでしょうね。右肩上がりで人も街もこぎれいになっていくのでしょう。

Gifted さんへ

ありがとうございます。
どなただろう・・・
そう、やっぱり「天はみずから助けるものを助ける、星は応援してる」とおもいますよ~ 報告お待ちしてますv-345

ありがとうございました。

9日の新年会ではお世話になりました。
いつお会いしてもドンピシャリの鑑定で楽しかったです。
またいつかお願いしたいです。
でも、まずは自分で動き出さなくてはいけないですね
いい結果が報告できたらいいです。

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー