カンファレンス

「惑星的革命 宇宙とつながる錬金術Ⅱ」?
と訳すのかわからないけど
ここボストンはアメリカの革命が始まった土地だそうで
それにちなんでこの会議の名前なんだって。
世界の占星術好きの変人がいっぱい集まって 飲んだり食べたり
お勉強したりする会に来ています。合宿のノリです。
300人くらい集まっていて お医者さんだとか、大学教授とか
怪しいモノ売りとかいます。

国籍はアメリカ人が多いですが トルコ、バリ、メキシコ、台湾などから来ています。
日本と大きく違うのは、熟年以上の参加者が多くて、男性の比率が高いことです。

日本人の参加者は私を含めて3人。いて座、しし座、おひつじ座の三人で
日の丸のプラカードを持って参加して大きな拍手で迎えられました。
やっぱり、こういうところにピュッ~と来てしまうのは
火の星座が強いからだよね。

Geo2Awords_sm.jpeg

土の星座が強ければ堅実な方が多いので(牡牛・乙女・山羊)参加率は低いのかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

杜先生

先日はお世話になりました。
いまボストンにいらっしゃるのですね。
アメリカが大好きなのでうらやましいです!

楽しんでください!(^O^)/

No title

ありがとうございます。
ただいまこちらは小雪です。
思ったよりさむくないです。
これから美術館などへ行って来ようかと思います。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー