ピンチはチャンス

先日、木星がおひつじ座へと移動しましたね。
木星は12年かけて12サインを移動します。
木星の滞在する星座生まれの人は「12年に一度の幸運期」
なんていわれていますが…

でも私の所には昨日あたりから「窮地」に立たされている
おひつじ座生まれの人の
相談が相次いでいます。

行くか戻るか…乗るかそるか…
あちこち謝らなければならない人。
よろしくない意味でスポットライトを浴びてしまった人。

そんなにたくさん鑑定しているわけではないので
この確立は結構多く
「暗黒期?」のような人がいて
占星術なんてウソ!幸運期なんて真逆!とお怒りになっている方も。

でも、ちょっと待ってみて。
私は思うのですが ピンチとチャンスはいつも紙一重だと思うのです。

幸運の星、木星は「物事を明るみに出す」という意味合いがあるので
その人の押入れ部分をサーチライトで照らしてくれます。
押入れには見たくないもの、触れたくないものがしまってあります。
同時に自分はゴミだと思っていても思いがけないお宝が眠っています。

この際、ゴミもお宝も全部明るみに出してじっくり見つめて
次の12年へとつなげていくのが幸運期(耕運期)だと思うのです。

酒井法子もホリエモンも木星が太陽と重なった時に逮捕されています。
でも一見ピンチにみえる窮地を活かして生きることで
より幸せになると思います。

もうすぐ変化の星の天王星もサインを変えるので
なにかとピンチでチャンスの人が増えるでしょう。

木星の大波に乗れるか溺れるか…
木星がやってくる前の何年間かの積み重ねによるところが
大きいようです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

木星の恩恵

幸運の星といわれているけど「物事を明るみに出す」という意味合いがあるんですね、そうか。
実は今まで、過去の検証では、太陽合T木星の時の目だった事柄は思い当たらなくて、12年に一度の幸運と言われてるのに、ホントかなあ?と自分でも正直思っていたところがあります。
それとも、木星の使い方がうまくないのかなあ、とか真面目に模索しておりました(笑)
幸運期という言葉から、棚からぼた餅的なラッキーを連想するから、何もないじゃん!とか思うところが大きいのかもしれません。
でも、耕運期、というなら、なるほど!と思うところがあり、スッキリしました。
私の場合、N太陽トリンT木星時に、達成や実りという形で幸運を実感することが多かったです。

ミルラさんへ

コメントありがとうございます。
私は3回前のN太陽 T木星のときに
あることで有頂天になりましたがその結果22年後に
ぽしゃりました。
前々回はとくに何もなかったですが
前回はこの仕事が軌道にのりはじめましたよ~


最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー