新月から

先月9日に母が突然、救急車ではこばれた。
私が駆けつけた時には意識はなく、
「脳幹出血です。数時間後には心臓が停止することを覚悟してください。
もし仮に安定したとしても意識は戻らず植物状態です。」
と言われた。
母は70代前半。子供より長生きすることはない。と知識では知っていたけど
まさか、今こういう形でお別れになるとは思わなかったから
やはり動揺した。
前日には普通に「バーゲン行こうね!」「うん、そうしよう!」という会話をしていたので
それは、まだまだ先のはず…と思っていた。

でも目の前の母はもう声は出さず、動かず、荒い呼吸だけ。
「心臓停止の時はマッサージまでしますか?」
「延命治療はどの程度やりますか?後から揉めても困りますから」

って言われたって返事ができない。

・・・・

私たちは動揺して泣いて緊張して、数週間を過ごしました。
1週間がヤマです、と言われ なんとか生きて欲しいと思いながら
一方で、もしこれが運命なら受け入れよう、と冷静になろうとしていました。

私はいくつか仕事をキャンセルし
喪服の準備をしたし、弟は年休のやりくりをしていました。

ところが!ところが!!
この前の新月の日(2月4日から)母が反応するのです。
1月の終わり頃に「なんだか、動かないだけで私たちの言っていること
わかっているようだね…」と思う時があり「身内の贔屓目だよね」
と言っていたのですが…

豆まきの日の午後から看護師さんの呼びかけに微かに頷いたり
「私が誰だかわかったら手を握り返して!」と言うと
ゆるく握ります。

だんだんと握る手の力が強くなっています。

意識が戻っていることを知り嬉しくもあり
母の気持ち、これからのリハビリ人生を考えると、切なくもなります。

父が
「意識が戻って いいのか、わるいのか解らないけど。。。」と低く苦しく言った後
「やっぱり嬉しいよなぁ!!」と破裂するように泣きました。


母がしっかり快復したら、
きっと面白い話が聞けるはず。

私が体験した「コーラック臨死体験」より本物でしょう。
思いっきりネタにさせてもらうことを願います。

・…
ところで前の記事で書いたのですがこのことは
私の8室の出口で木星・天王星がコンジャンクションしている時に
おこりました。
N太陽とP月もちょうどコンジャンクションしています。
やはり星のめぐりには何かある!と思うのです。
なぜか、このブログ上でも
昨年の12月からやたらと前世とか生まれ変わりとか書いていませんか?
普段はそんなこと書かないのに。自分でも不思議です。

わたし、占い師の割にはあまりそういったことには触れないタイプで
シリアス路線じゃないし…
もっともらしく生死に触れないように自分なりに“掟”を作っていたのですが、 (今年の目標はビジュアル系占い師)
この一連の 動きはなんなんでしょう?

秘密にしておきたい年頃ですがデータは1962 12 04 205900 静岡市です。
勉強したい方はチャートを作ってみてください。

母や身内は勝手にネタにされ不愉快に思うかもしれないけど
書かずにはいられませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

星の力

上海断念の記事をみてから、どうされてるのかな、と気にはなっていましたが、
星の力、そういうところで現れたんですね。

いいのか悪かいのかわからないけど、でも嬉しい、、
この言葉にすべてが抱擁されているように感じます。

お母様が覚えているであろう臨死体験を、ネタにしようと考えているあたり、
哲学的、楽観的に生きる射手座だからなせるワザ?
でも、やはり、もし聞けるのなら、是非聞いてみたいのが正直なところだと思います。

出生図拝見すると、私もT角の調停ありですが、結構ハードなんですねー、びっくり。
月・木星、金星・海王星の調和が、やはり魅力になってるんですね。

先生が公開したので、私も、
1968.5.6.1:00 青森県(南部町ですが近い市では八戸市)です。

ミルラさん

母が目を覚まして喋ったら
「あなたが、枕もとでぎゃ-ぎゃ-騒ぐし
おいしそうなものを食べるから逝くに逝けなかった」と言ってくれると思う。
死にそうな人の前であんまり静かにしていてはいけないと何かできいたことがあるので何を喋ったか忘れたけれど 元気にしゃべっていました。
それで、その日は朝から何も食べずに仕事していたところを呼び出されたのでとてもおなかがすいていて カップラーメンと御寿司を食べて 皆に「クサイ!」と叱られてました。
あの匂いが母を呼び戻したんだと思っています。

私の祖母も

大体似たかんじでしたよ。
はやくよくなられて 面白い話をいっぱい書いてください!

No title

会話が出来るくらい快復してくれればいいのですが・・・
ありがとうございます。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー