生命力

あんなすごい災害があっても
けっこう利己的な恋愛や儲け話の相談は
次から次へとやってきます。。。

ちょっとぐったりしてしまった私ですが
コレって人間の生命力なんだ!と思うことにして
がんばっております。

いつもとおる道の木が緑の葉っぱでいっぱいになってきました。
生命って不思議ですね~

3ヶ月前に「絶対に助からない」と言われた母に
意識が戻り指だけが動くようになりました。
肉体と魂のつかみ合い。
生きていていいのか、辛いことなのか?

「体」という「居場所」から 自由にしてあげたい、
いやいやそんなことを考えるのは不謹慎か?

命って、どうにもわからんな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

複雑なる思ひ

こんにちは、仙台は雨でございます。

<「体」という「居場所」から 自由にしてあげたい、いやいやそんなことを考えるのは不謹慎か?

実に複雑な思いですよね、生きててほしいと思うのはこの世の残された人間のわがままなのか、解放してあげた方がいいのか、悩む部分なのだと思います。

私の父は4年前に他界しましたが、脳梗塞で数年間は介護レベルまで進み、母も倒れそうになったことがありました。言葉が話せなくなって、夜の徘徊も多く、意思の疎通が上手くいかないため、互いにかなりのストレスだったと思います。私も別居しているので、話だけでもと思い、母の愚痴を聞いていたのですが、聞くだけの私も神経が参ってしまいそうでした。

そんな状態が続き、私も助けを求めて?大好きだったおじいちゃんに会いに、お墓参りに行きました。
「本当は父に長生きして欲しい、でも、本人もあんな状態で苦しいだけの生活をしていて幸せなんだろうか?母も頑張ってるけど倒れそうだし、それも心配。何が一番いいのか、自分でもよくわからないよ。おじいちゃん、どうしたらいいんだろうね?もし、父の寿命が来たら、父がちゃんと浄化できるように、迷わないように、おじいちゃんちゃんと導いてね、頼むよ。まだ、共にこの世で生きれる時間があるうちは家族で精一杯生きるから見守っていてね」と、、語りかけました。

帰省時にはいつも、これが最後かもしれない、といつも思って、悔いのないように精一杯できることをしました。

そのお墓詣りから2週間ちょっとで、父は旅立ちの時を迎えました。
やはり、淋しかったし、その時は泣いたけれど、おじいちゃんがついてるから大丈夫、つのる話をしているだろう、と思って見送ることが出来ました。

私はあまり家族というか、血縁とかこの世とか執着がそんなにない方なのか、あの世でもこの世で生きている人でも会わなければ同じ、海外だろうか、お隣さんだろうが、、という感覚があるんです。

それと、昨日会った友人だろうが、10年ぶりの友人だろうが、同じような感覚、男女の区別もあまりないというか、一人の人間としてみるようなところもある。ここはASC水瓶の影響なのかな、とも思います。

気が付いたら、すごく長くなってしまいましたね。
それでは、また。

ミルラさま

そ~なんですよ。
複雑なんです・・・
死んでしまうことをあまりネガティブに
とらえてない私は まぁしょうない、
死ぬのはみんな順番だし。と思ってしまってますが
長いのはヤダ! 本人もいやだろうしね~

生まれるのも死ぬのも自由にならないねぇ。
やっぱり星の導きがあるのかなー
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー