滝つぼ

俗気にまみれた ショッピングセンターにいると
どうしても息苦しくなります。
だからヒマをみつけて なんでもない、どこでもない
人がいない所へと行って蘇り作業をします。

植物が呼吸しているようなところへそっとお邪魔させていただきます。

今日は市街より北へ15キロほど行ってみました。
街道を走っていくと「〇〇の滝」と表示がありました。
少し山を上り歩くと
そこには清らかな滝が。

滝1
あ~ 蘇ります。マイナスイオン出まくり。
邪悪なこころが洗い流されていきます。
夏はここに蚊取り線香と本を持ってずっといたい。




滝壷
滝壷もかわいらしくて こんな滝ならちょっと打たれてみてもいいなぁ~
なんて。


ふと見るとこんな看板が!
熊
遭遇してみたい気もあったけど 先方を驚かしても悪いので
あまり長居せずに帰りました。

帰り道、突然の雷と雨でびしょぬれになりました。
どうせ濡れるんだったら 滝壷の修行で濡れてくればよかったかな?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

気持ちよさそう~

自然はやっぱりいいですねえ、草木や花、そして何より清らかな水の流れは最高。

霊感があると、俗世間でもいろいろなものが感じられるてイヤ~なこともあるのでしょう。私は霊感がない(と思っている)ので、そんなに感じると思う事はありませんけれど、自然は大好きです。
水の香り(多分正確には水辺の植物の香り)がするとなんとも済んだ心になりますね~。

ちょっと離れたところの大きな公園に行ったことがあって、気に入ったのだけれど、痴漢に注意と看板が立っていた。
いちおう女性なので、気をつけねば、と思い、残念ながらあまり立ち寄らなくなってしまったけど、いいところでしたねえ。

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー