上昇宮

A子ちゃんにある知人(男性)の容姿を説明することになりました。
ぱっと見、「屋敷しもべ妖精」に似ています。
コレを読んでいる何人かの人はああ、あの人のことね
と思っているはず。

images_20110526020053.jpeg

でもなぜかその人はぜんぜん嫌な感じがしません。
むしろドリアンとか、臭豆腐とか、カツオの塩辛的な
なんとも言えないパワーと強烈な魅力を発散していて みんなを惹きつけています。

ちょうど私は私が占星術にはまった40年以上も前の本を読み返していて
人ってアセンダント(占星術で外見をあらわす)はほんの表層で
やっぱり太陽が自ら輝くように
太陽が真我だよなぁ~と 思っていたところ。
110526_0205~01
やはり 人間は考えていることが顔に出るようです。
魅力というのは生まれつき プログラミングされているものではないような気がします。


際立って美しい容色を与えられたとしても誇るにはあたらない。
優れて強く強壮な肉体を持っていたとしても自負するわけにはいかない。
醜い容貌や虚弱な肉体を与えられたとしても悲しむにはあたらない。
肉体は所詮、霊魂が地上にある期間にまとう借り物の衣装であるからである。
霊魂が地上を去るときは古びた衣服を脱ぎ捨てるように、肉体の衣を脱いでいく。


と格調高い文章で書かれています…

ので、わたしなんかも容貌が「年取った座敷わらし」ですが
あんまり悲観せず 頑張ろうかと思います。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ごぶさたしています。
わたしもわたしの息子も、この「トービー」が大好きです。この世にはなかなかない存在感、でもきっとみんなの心の中にいそうな不思議な、なんというか生き物でもなし、物でもなし、思いでもなし、昔大切にしていた宝箱が大掃除で見つかったような...感じです。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー