タロット

西洋占星術とタロットは、なぜかいつもセットになっている。
これらは別物だけれど、西洋者同士、ちまたではセットになっている。

占星術のエッセンスをタロットが取り入れている。
歴史は占星術の方がはるかに古い。

ばら売りでそれぞれ単体で鑑定をやっている人もいるけれど
二つとも出来る方が、間口が広くて営業的に、効率よいので
一緒にやる人が多いのだろう。私もそのひとり。

命術は西洋占星術、朴術はゼイチクの取り合わせだと
パンに味噌汁みたいでなんとなくおさまりが悪い・・・
最近はブッダタロットとか、禅タロットとかあって
東洋人としては???だけど それもおもしろい。

それにタロットは視覚に訴える独特のインパクトがあり
楽しい。

毎年毎年目新しい面白いデッキが出るので年に2種類くらいは
つい買ってしまい タロットカードが増えていきます。
ほとんどは観賞用で使うことはないのだけど。

で最近購入したカードがコチラ
images_20110829034427.jpeg

16世紀のオランダの画家ヒエロニムス・ボッシュの絵をモチーフに
作られたカードなんだそうだけど
このボッシュという人は ヘン!です。いかれちゃっています。

シュールでグロでキモくてでも、隠し味は可愛い。
後年のダリやムンクをはるかに凌駕していると、結構気に入っちゃいました。
でも大丈夫です。このカードで占ったりしませんから。

http://www.aeclectic.net/tarot/

このページに行くと1000種類以上のカードの絵柄がみれて全部欲しくなってしまいますよ。
ここでタロット名を覚えて アマゾンかニチユーさんのページで検索して買っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー