ライブ

占星術って本当にライブだと思います。
同じようなチャートの持ち主が同じような質問をしてきても
なぜか答えはちがい
クライアントさんの心にグイッと入っていける時とそうでない時があります。

西洋占星術は心理占星術なんていう分野もあるほど人の心理状態をさぐるのに
適しているのだけれど教科書どおり、お手本どおり、ホロスコープを解読していっても
答えを出すまで答えがわからなくて、人の心に答えなどあるはずもなく
思ったようにならない。 その辺のライブ感がとっても楽しい!!

白黒はっきり出るホラリーでもそう。
たとえば
このチャートの時のホラリー問題で
「へそくっておいた5万円がみつかりません。私はどこへしまいこんだのでしょうか?
それともパートナーが見つけて使ってしまったのでしょうか?」
という質問をいただきました。
無題
第2ハウスの守護星が4ハウスにあるので
家の中にあります。というのは占星術を勉強した人なら
誰でも思います。
でも家の中のどこ?と聞かれて なぜ私は 本棚の近く、近くに園芸の本とパソコンなど知識を得るものがある。そして、それは程なく出てくる。と言ったのでしょう?

今、このチャートをおさらいすると 家の中は中でも 海外旅行用のスーツケースの中で近くに宝石がある。という占断でもよかったのに・・・

結果→次の日、メールを頂きました。「言われたところを探したら
本棚の裏、家の壁との間にありました。その本棚は真中が飾りだなになっていてTVが
あり、棚の上には水耕栽培のカイワレの種が仕込んである本というかgoodsがありました!」

占星術、神!すげ~じゃん、あたし。っていうかホラリー恐るべし!
ということで 調子に乗って、ずーっと前に無くした 指輪のありかとか、宝くじの勝敗とか占ってみると てんでん的が外れる・・・

やっぱりね、。。
伝える人と受ける人の波があうと胸のすくような面白い結果になるんだよ。

占星術ってライブです、生ものです
同じチャートで説明を試みようとしてもうまくいきません。
そして
どちらかに邪心があったりするとダメ。切羽詰っていなきゃダメ。

以前、人形制作をしている人から聞いたことがあります。
「こんな性格のコを創ろうと思ってもなぜか違うキャラのお人形ができてしまい、
お手本通りパタン通りに創っても二つと同じ子はできない」

そんなのとなんか似ているのかなぁ・・・



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

生き物

森(さん)、ライブ、生もの、ホラリー、~人形作家つながりで数々、思うものが・・。

私、ついこの間、ハーフサムを森の中にたとえて、いっぱい生き物がいるから見極めないと・・ウサギとオオカミを見誤ったら、森を知っていることにはならないものね、などとある人と話していました。
そして、昨日からちょうどホラリーの失せ物しのファイルの整理をしているところに、先生の記事が、、なんとタイムリー。
人形作家って、三田アリサ先生のこと?だったらもっとすごいけど、多分違いますよね。私はアリサ先生のタロット通信をやってたので、その方ぐらいしか思い浮かばない。

それにしてもホラリーの解読はお見事!さすが先生。
私は、少しづつ勉強中なのですが、ちゃんとやろうと思い、まず教科書にしたがって~、とかラディカリーの検証とか細かいところで脱線して、昨日はアワールーラーの出し方とか照合とかで、あー面倒くさい、ってなってしまいがちです。肝心なところまで行き着くまでにくたびれそうかも。
問う人、見る人、そして星のお告げの妙なるハーモニーの感動、「時」というライブ感の楽しさを味わえるのは占星術冥利に尽きるところかな、私も味わってみたい~。今年も頑張るぞ!

PS・春の七草、もしか古典7惑星に対応するのかな、と思って調べてみたけど全部は調べきれませんでした。ちゃんとした専門書がないと、厳しいですね、いい加減買いなさい、って感じかしら、今年は洋書入門なるかな。

No title

三田アリサ先生ではないです・・・

たまたまこのホラリーはぴったりでしたが
ハズレのときもあります。

わたしは営業だからハズレの時はきっと都合よく忘れるんですね。


最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー