国際占星術デー

「国際占星術デー」(International Astrology Day)というのがあるのですよ。

これは1993年にアメリカの大きな占星術団体AFANによって提唱されたもので、毎年、太陽が占星術上の牡羊座に入る春分の日を、「占星術の日」にしていこうという運動です。

占星術だから私のやっている西洋のものもそうですが、
東洋の九星気学だって、紫微斗数だって、インド占星術でも、マヤ暦だって
広い意味では「占星術」
要するに星の動きをみて、天の動きと地上には何らかの関係があると探っているのが
星占い。 誕生日から割り出すのです。

東洋系は東洋系、西洋系は西洋のよさがあります。
和食とイタリアンと中華と何が一番優れてる?なんていいきれないように
どの占術も甲乙つけがたく面白い!

さて、国際占星術デー

これは 私なんかが一人で言ったってどうにもならんのだけど
いつか、日本で、いえ、日本でなくてもいいのだけれど
和洋中印マヤのハイブリッド占星術の大会が開催されるといいなぁ~

かつて参加した イギリスとアメリカの占星術の大会では(お祭りみたいなもん)
やはり西洋の占星術のみで参加者は東洋は日本から数えるほど。

ディナーの時にたどたどしい英語で12干支や「もっかどごんすい」(木火土金水)
を説明したらみなさん喰いついておりました。
西洋の皆様、漢字に興味と敷居の高さを感じるようです。
私も英語がもっと流暢だったらなぁ~

20年後、30年後どこかで 「ハイブリッド占星術国際大会」が
ひらかれていると思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占星術の日

いいですね~。天王星(水瓶)タイプにはロマン溢れるイベントです。
特に何するわけでなくても、個人で星に興味ある人や好きな人が自分の好きなようにわくわくして楽しむ、というのがいいです。勉強してもいいし、星をボーっとみてもいいし、自分探しで出生図をあらいなおすもよし、っていうのでもいい、イベントがあるとそれもまたいい。
英語は私も得意ではないけれど、占星学を洋書にで学ぶべく、挑戦を試みています。

ミルラさんへ

> いいですね~。天王星(水瓶)タイプにはロマン溢れるイベントです。
> 特に何するわけでなくても、個人で星に興味ある人や好きな人が自分の好きなようにわくわくして楽しむ、というのがいいで
> 英語は私も得意ではないけれど、占星学を洋書にで学ぶべく、挑戦を試みています。

バリ島などでも2年に一回 こじんまりした占星術のカンファレンスがあるそうですよ。
バケーションを兼ねて、いってみようかしらん?なんておもうのだけど
来るのは 西洋人ばかりで ここでも英語の壁が。
私もトーイックの最大瞬間風速700くらい。
今は凪いでおります。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー