水星・天王星

こんなこと いい大人が絶対言っちゃいけないって
わかっているけど、天気図の下の方に台風の“台”の字が見えてきますと、
私はそわそわしてきてしまいます。”非常に大きい”らしいけど
どのくらいおおきいのかな?停電とかするのかな、瓦とか吹っ飛んじゃうのかな?などとイベントを前にした小学生のような気持ちになってしまいます。
「被災者の人の気持ちを考えたことがあるのか?」「船舶関係の人の気持ちをふみにじっている」
ハイ、不謹慎は100も承知です。

でも波がでかけりゃ、見てみたい。風が強けりゃ吹かれてみたい、こうなれば全身で台風を体感してみたい
と思うのは好奇心を持ってしまった人間の本能です。
でもその結果、不幸な事故がおきてします。誰かが悲観にくれている以上台風を憎むのが大人のルールです。
共通観念に重きを置く社会生活者の掟です。

逆にいえば台風に対する防災設備が完璧になり、地盤もしっかり整い、雨風に対する対策も万全で、
絶対に被害者が出ない、農作物の被害もない、
そういう完璧な未来社会が到来したとしたら 台風は最高のエンターテイメントとなるでしょう。
バケツをひっくり返したような雨や唸りをあげて飛んでいく看板。
轟く雷、光る稲妻、
嗚呼、風速50メートルで凧揚げしてみたいっ!

そんなふうに堂々といえる防災100パーセントの絶対安全な未来
目指せ!

今年の東京春分図は 風を象徴する水星が破天荒で電気を意味する天王星と一緒に
危機管理の8室にあります。気をつけようね。

みんな凧揚はしないでね。
する人はいないと思いますが、
平和を祈りつつ、950ヘクトパスカルのなかで
凧揚げができる未来社会を夢見ます。

(2012年 東京 春分図)
無題

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【水星・天王星】

こんなこと いい大人が絶対言っちゃいけないってわかっているけど、天気図の下の方に台風の“台”の字が見えてきますと、私はそわそわしてきてしまいます。”非常に大きい”らしいけどどのくらいおおきいのかな?停電とかするのかな、瓦とか吹っ飛んじゃうのかな?などと...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

背景に嵐と雷をしょった劇画風杜香里さんが見えました。なんと言うまぼろし。いやデジャヴなのか?

過去に嵐の中凧揚げをして雷の実験をした偉人の人もいたようですが、凡人の私は大人しく家の中で惰眠をむさぼるとします。

No title

え~ そんな いけずを言わないで、風速50とはいわないけど
強風の中、凧揚げ、一緒にしようよ。

おもしろい~

じゃ凧役は

わたくし…てんびん座、みつ子が。

電線に引っ掛かり~
糸切れて飛んでいき 『誰だー!こんな日に凧揚げしたのは~!』(怒)
はい…杜先生ですぅ
*^o^* やはり、てんびん座は自分の手は汚さないんですよね (納得)不謹慎にも妄想で楽しんでしまいました。
すみま千円

No title

みつこさんは 天秤、風の宮だからよく飛びますよ。
風が似合いそうです。だいじょうぶ、 上手にとばしてあげますよ。

No title

ちょっと前のアメリカ映画で「台風」映画があったのですが、
牛がばいーーんって飛んで来たんですよね。

それ以来

強い台風の基準値=牛が飛ぶ

なので、ニュースで強い台風と言われても
牛が飛ばないんじゃ大したことねーやって
相当弄れてる自分がいます

自然現象色々ありますが「人間が自然より上」って視線だから憎むべき対象になっちゃいますが、畏敬の対象って思えば共存させてもらってるって思えますよね~。凧揚げバンザイですよ。

私も牛飛んで来るの夢見つつ、台風一過を待つとします

ももさんへ

牛が飛んでくる台風って、すごいです。大スペクタクルです。
見てみたいですが、着地されても困るから子豚くらいがいいところかな。

いつか、凧揚げいっしょにできるといいね。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー