海軍司令部壕

ハイタイ!
沖縄にきています。潜りにきました。

ダイビングビギナーですが、ちょっと慣れてきたし海もきれいで
ブイブイときもちよ~く 潜りました。

でも途中から海が荒れて波が出て、また船酔いでぐったり。
船上でマグロとなりました。 
風が当たって寒い!気温は18度で水温は23度。 海の中のほうがあったかい。

なんでお金を払ってこんな辛い思いをしくるんだろう?と思うけれど
水に入ると気分よいのでまた潜ろう、と海に誓います!

で、陸に上がって、なにをしようか・・・とブラブラしていましたら
ツレが「沖縄にきたら一度は戦跡をみておくべき」と学校の先生のようなことを言い、
ホテルから海の見える丘の地下深く掘ってある

旧海軍指令部壕に連れていかされました。

こうした場所に行くのはとても イヤです。

私が子供の頃はまだ、戦争の残骸の抜け殻ようなものが多少あって 
戦争で足をなくした人や気の狂ってしまった人が物乞いをする光景が記憶としてあります。

こうした場所に行くとその時の臭いや湿度や音や声や面白いことを言った人とか
どうやってズルをしようかと考えていたことや痒いのとか、ケチって水を飲んでたことや
かウジ虫の白い腹や消毒薬の臭いを思い出し、蘇ってきて、
もちろん実際に体験していないから よみがえるはずはなく、
思い込みや思い上がりも甚だしい、単なる妄想力だと思うのですが、
でもどうしても”よみがえる”という表現が適切のような 苦しさがこみ上げます。

何を食べたか思い出せないけれど 味だけ思い出せる。
みたいな感覚です。

とても辛い場所です。思い出したくありません。
でも
アドレス貼り付けておきます。
http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/okinawa/senseki/kaigun.htm

すると、ツレが気分を変えたほうがいいよ。と今度は街中にある
沖縄の物産市場みたいな、なんともワイルドで
戦後の闇市のような(体験してないけど)
活気ある市場に行きました。
同じ日本だけど、ずいぶん食べ物がちがいます。

びっくりしたのがハリセンボン。あのトゲトゲした愛らしいお魚をこの地では食べるのですね!
食用に皮をはがれズル剥けになった子たちが売られていました。その場で料理して出してくれるんだそうです。
わたし、お笑いのハリセンボンのどっちかの人によ~く似てる!といわれるので
それに海軍指令部壕のあとだったし、気の毒でちょっと食べる気分にはなれずに
お宿に帰ってきました。

今回、ちょっと辛い沖縄です。
きっと、スリムになって本土復帰すると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー