黒魔術 ?

3月14日の朝日新聞の朝刊にこんな記事が載っていました。

securedownload.jpg

黒魔術 今もインドネシアで
~インドネシアでは憎い相手に呪いをかける「黒魔術」が広く信じられている。
その一方呪術師が魔女狩りのようにリンチを受ける例があとを絶たず警察は頭を抱える~

という記事で1ページの半分以上を割いて目にとまりました。

私のところへも「△△さんを呪い殺して欲しい」 
という依頼が来たことがあります。

依頼主は社会的地位もある、しっかりした人でした。

もちろん「それは私のメニューにありません」とお断りしました。
呪い殺すまでいかなくても 相手が地獄に落ちる呪文を教えて欲しいとか
???な依頼がたま~にあります。

占いとか魔術とか呪詛とかどうしてもセットになってしまう傾向です。
私の周りにもそれで売っている人がいるけれど
絶対アヤシイ!

この記事はインドネシアのことだけれど
現代の日本にもかなりあるようです。
何千年前にも何千年後にもこのテの商売は廃れないんだと思う。

頼む人にも頼まれる人にも
ならないようにするには
こんな本を読んで アヤシイ!と蓋をせずに
徹底的に知っておもしろがってみることだと思います。
星

「暦と占いの科学」
「星占いの文化交流史」
「星の古事録」

読むのがめんどうだ、という人は
4月からの私の講座(SBS学苑パルシェ校)
に来てね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おもしろそう

先日はありがとうございました。
この本検索して 読んでみることにします。

でも・・・やっぱり 魔術めいたことには惹かれてしまいますね。
私自身ドップリ浸かりたくはないですが 魔法や魔術は
存在していて欲しいし 意義のあるものだと思っています。

またよろしくお願いします。

うつけのゆり子さんへ

ありがとうございます。

こうは書いても おまじないは大好き!
わら人形をつくって五寸釘を打ち込みたい衝動に駆られたこともあったけれど
めんどうで実行せずに終わっています。
でも
財布には蛇の抜け殻いれるし、四葉のクローバーは大切にもってます。
そういう かわいい?のは大切にしたいですね~


> 先日はありがとうございました。
> この本検索して 読んでみることにします。
>
> でも・・・やっぱり 魔術めいたことには惹かれてしまいますね。
> 私自身ドップリ浸かりたくはないですが 魔法や魔術は
> 存在していて欲しいし 意義のあるものだと思っています。
>
> またよろしくお願いします。

No title

人を呪わば、穴二つ・・・
スリッパで後ろから頭を叩きたい人は、たくさん居るけれど・・
その後が怖くて、できません。

そんな小心者の私・・こっそり先生のブログ、拝見させていただいています。
先生の来浜をお待ちしています。

※ブログにコメントをありがとうございました。

蛇のぬけがら

実は私も、子供の頃、蛇のぬけがらを財布にいれてました。
魔術にはさほど関わらない方だと思うけれど、やり方は知ってる(笑)
ほとんど白魔術で、たまにやろうかな、と思うけど、材料そろえるのが面倒なのと、やるの忘れるの、とで、こりゃ~魔術師にはなれんわ。火、地、風、水を扱う占星術で頑張ってます。

ミルラさんへ

魔術と占星術はちがうもんね~
でも クライアントさんのお話をきいていると
「では、どうしたらいいか?」の問いに答えられなくて
もったいぶったおまじないとか、魔術があるみたい・・・

でも・・・考えてみれば 節分の豆まきだって、
神社で拍手を打つことだって、 ある意味魔術
ソフト魔術だよね~
支離滅裂になりました・・・

> 実は私も、子供の頃、蛇のぬけがらを財布にいれてました。
> 魔術にはさほど関わらない方だと思うけれど、やり方は知ってる(笑)
> ほとんど白魔術で、たまにやろうかな、と思うけど、材料そろえるのが面倒なのと、やるの忘れるの、とで、こりゃ~魔術師にはなれんわ。火、地、風、水を扱う占星術で頑張ってます。

とらママさんへ

スリッパで後ろから叩く(笑)
ホント、叩きたくなる人いますよね~
でも やっぱり小心者なので できません・・・

ところで、とらちゃんは 大黒天みたいで 厄除けになりますね。
なでなでしたくなります。
さわるとご利益あるきあしら?



> 人を呪わば、穴二つ・・・
> スリッパで後ろから頭を叩きたい人は、たくさん居るけれど・・
> その後が怖くて、できません。
>
> そんな小心者の私・・こっそり先生のブログ、拝見させていただいています。
> 先生の来浜をお待ちしています。
>
> ※ブログにコメントをありがとうございました。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー