国際占星術デー

もうすぐ春分の日。
春分といえば お彼岸 お彼岸といえば
おはぎ。

じゃなくって、 占星術師としては
そう 
Happy 20th Anniversary International Astrology Day

国際占星術デー
なのであります。

そんなのあるの?なにするの?誰が言いだしたの?って疑問はあるでしょうが
詳しくはコチラを↓
http://www.afan.org/inside/events-calendar/iad-2013/

星占い的に 太陽がおひつじ座の0度に入る日が春分の日で、国際占星術の日と アメリカの占星術団体が
20年前に国際占星術デーと決めたのだそうです。(イギリスのほうではあまりやっていないみたいです)

西洋の占星術での いわばお正月のようなものです。
東洋の占いでは2月の立春を一年のはじめとしますね。

日本はハイブリッドだから
1月1日、立春、春分、新年度、お盆、クリスマス、お誕生日・・・・
なにかと 気持ちを改め、新しい気分になれるときが多くてうれしい!

美味しいものを食べる口実にもなるし。

ところで おはぎは やっぱり こしあん。
粒も捨てがたいけれど 私はこしあん派だな。

あんこって奥が深いな。
どうしてこんなにバラエティに富むのだろう?


桜餅は こしあん。
柏餅は 味噌あん。
でもこしあんも味わいたいから
ひとつの柏餅のなかに 両方入っている柏餅ってないだろか?

占いも東洋と西洋が共存しているハイブリッドな日本だから
こしあんと味噌あんの共存くらいやれは できるはず。

国際あんこデーもあってもいいはずだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占星術の日

20周年だったんですね。
20年前に占星術をやってれば、今頃は理解も深かっただろうに、遅れ咲きの私はまだ開花宣言ぐらいのレベルですわ。
あんこ、私は「あん」は、食べることといえば、あんドーナツか、たい焼きか今川焼きぐらいですが、つぶあんが好きです。
田舎の実家で、大豆と小豆を育てていたけど、つく虫(なんかの幼虫で毛がない指ぐらいの這う虫)が違うんです。虫ってちゃんとわかるんですね。

ミルラ

いつもありがとうございます。
20年前はまだまだ占星術は あやしいもととして
片隅においやれれてましたよね・・・
カルチャーセンターでも講座などに取り入れてくれるところはなかったです。
あと、20年後の占星術はどうなっているのでしょう?

ところで実家が 作物を育ててるってうらやましいです。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー