花ツアー猿と桜

また自然の中に行きたくなりいろいろとやることはあったのですが、
山のほうへ行ってみました。
行き先は特に決めないでその時の気分で朝霧高原あたりに
夫に車で走っていってもらい
まず、富士宮市の駒止めの桜。 
こんなかんじ。
DSC_0571.jpg
「赤芽の白山桜」ということで
ソメイヨシノとは趣が違いちょっとワイルドで美しかったです。

後ろには富士山と菜の花、桜を管理する井出家のお庭や
高句麗様式の門。 もう少しお日様が出てくれたらいいのに
でもこのくらいの紫外線がちょうどいいかも。

DSC_0575.jpg DSC_0582.jpg

井出家の中庭と、途中の峠から見えた春の山のグラデーション
DSC_0583.jpg DSC_0599.jpg

では、次にもっと北上をして長野県と山梨県の県境の北杜市くらいまで行ってみよう、ということになりました。
そして 八ヶ岳をみながらどんどん北上をつづけます。
もう雪はなく、いっぺんに春がきていてます。

そして樹齢800年の神代桜と桜のトンネルで有名な眞原(さねはら)にきてみました。
http://www.hokuto-kanko.jp/sakura_blog/cat6/
たしかに桜はすばらしかったですが、でも人が多くて、桜並木は上野公園状態。
ここは落ち着けないよね、ということで地図には載っていないような、
ひっそりと人のあまり来ないような美しい風景を求めて探検です。

DSC_0602.jpg

途中、甲斐駒ケ岳が雄大な姿をみせてくれます。
いつか登れるかなぁ・・日本100名山のうち富士山と至仏山だけ登ったことがありますが
子供の頃に家族で登った富士山はひどい高山病に懸かり9合目でひとりおいてきぼりをくらいました。

甲斐駒ケ岳、登れるかなぁ・・・でもこれだけの山に登るにはそれなりの体力・気力が必要ですよね。

そうだ、今日は新月だ!新月のお祈りをしよう!おひつじ座の新月にぴったりじゃん!実践せねば! 
いつか甲斐駒ケ岳に楽しく登ってちゃんと降りてこれますように!
お月様、お願いします


厳密の新月は10日の18時35分だけど、まだまだ満ちていく若い月の時だから
お願い事を心に願うのは大丈夫。


ふと眼をやると サルもいました。木の上には子ザルが鈴なりになってユサユサと
木をゆすって遊んでいます。農作物を荒らして困るらしいけどたまに見るぶんにはカワイイ。
DSC_0606ab.jpg   DSC_0612aa.jpg
しばし、サルと心を通わせました。


山吹、ミヤマツツジがきれい。
道端の道祖神に手を合わせ 無名の桜並木に感動です。
DSC_0616.jpg 130410_1640~01  
道祖神 130410_1620~02


そしてどんどん行きますと、のどかな里山の風景の道端に
突然謎のオブジェが!
DSC_0621.jpg

なんだ?これ? 見回すとこの手の現代アートが10体くらいありました。

山梨県のガウディ?
なんなんだろう?

DSC_0620_20130411013224.jpg 人型
通りかかった別の2人組みもびっくりして足を止め
「これは、箱根の森の美術館にあったらアートだけどここにあったら公害だ!」
といっていました。 ちょっと同感。


謎のオブジェ軍団をあとにして次は 北杜市の津金村というところにある
明治、大正、昭和時代の小学校の校舎へといってみました。

ここは私の父親やその上のご先祖様が実際に通っていた学校。
おばあちゃんの家はこの近所。
中年過ぎて帰巣本能が働くのか、ついこちらのほうに来たくなってしまいます。
村民は、同じ苗字でみんな一族だから、今でも行くと
「あんた○○さんの次男のところの長女かね。寄ってけしね~」
(甲州弁)と言われて
うれしいような 行動全部バレバレで 恐ろしいような・・・

もう廃校になっていて今は資料館ですが中の明治時代の
教室の様子も残されていて楽しいです。

明治の校舎と桜
130410_1617~01

大正校舎
130410_1630~03

やはり年月を経たものは美しく心落ち着きます。

ということでなんちゃって るるぶの記者みたいで吸いません。
でも リフレッシュできました~



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きれいですね。

お花、綺麗ですね。癒されます。
この 不思議なアートはなんなのでしょうね?

設置している人は、芸術だと思っていても
私もやはり違和感を感じてしまいます。
まぁ、見なければいいのですが・・・

明治・大正の校舎はガイドブックで知っていていつか行って見たいところです。よいところですか?

Re: きれいですね。

みりんさんこんにちは。ありがとうございます。

> 明治・大正の校舎はガイドブックで知っていていつか行って見たいところです。よいところですか?

いいところですよ~ 私は小さい頃ここで遊んだのでとてもよいところだと思います。
でも昔はこんなに整備されていなくてまさかガイドブックに載るような名所?になるなんて思いませんでした。
よいところですが、他にはなんにもないですよ。

桜満開

仙台は今が満開です。というか、私の部屋から見える、駐車場の敷地内の桜が満開!!嬉しい。
うちは仙台の北部で、すぐそこはもう隣の町なので市内よりも少し遅いのかもしれませんね。
それと、近くに超安いスーパー(のはず、というかチェーン店)が出来たので、少し便利になったかも。たまに用事で通る方向なのですが、近くにスーパーがなかったので、それだけのためにちょっと遠回りしてる感じだったので、これからはついでに買い物もできるわ~。
ちょうど桜並木が綺麗な場所で、下にはデカイ沼もあります。
私は水辺は好きですが、沼はちょっとよどんでいて暗いイメージがあるから、お天気のよい日中しか立ち寄ったことがない。

ミルラ

仙台の桜ってきれいなんでしょうね。
上品な文化都市というかんじがします。
いつか訪れてみたいなぁ~
仙台駅構内に 杜の香りとかいうカフェがあるそうですね・・・

ところで
私は今沖縄です。沖縄はもう 初夏です。というか梅雨の感じかな。

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー