タリン

現地でブログを書くヒマもなく
あっという間に日本に戻ってきてしまったのですが
エストニアのタリンという街がステキだったのでアップしますね。

エストニア   

街はぐるっと中世の城壁で囲まれていて
魔女やラップンツェルやシュレックが住んでいそうな雰囲気でしたよ。
タリンの入り口  タリン城壁

有名な観光地ですが 思ったより人は多くなく静かに楽しめました。
城壁の中は迷路のように石畳が入り組んでいて14世紀にタイムスリップ。
小さい街なので2日あれば十分に見てまわれます。
タリン街の歴史  タリンカタリーナ回廊

こんな街角からとてもステキなバイオリンの音が響いていて
そちらのほうに近寄ってみると
裏道にバイオリン弾きの方が。

タリン街角1
クラッシック好きの夫が
「これは並大抵のウデではない!」と感涙しています。
投げ銭目的の道端の芸人さん、というわけでもなさそうです。
バイオリンの人
聞けば昔ベルリンフィルのソリストで、今は暇つぶしに夏の間だけ
タリンに来てバイオリンを弾いている、とのこと。
音色が教会の鐘の音と交ざって、東洋から来た私達にはなんとも異国の世界。

今回の旅で一番印象に残ったのが
この人のバイオリンです。

ついでに、うわさには聞いていましたが
ここ、エストニアには 本当に美人が多い!
ロシアの人もきれいだな~と思いましたが
ロシアの人は無愛想。
でもエストニアの人たちはニコニコしていました。

街のドレスコードが「中世風」だそうで、そういうお洋服に
身を包んだ彼女達は本当におとぎばなしの主人公みたいです。

旦那さん、目がハートになっています。
写真をとらせてくださいとお願いすると
こころよく応じてくれました。
美女

おまけですが、
ここ、タリンと美保の松原が同じ「世界遺産」だなんて
違いすぎる!!!
美保も美女が薄絹で水浴びする!くらいの努力をしなければ
いけないんじゃないかと思いました!





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お元気で帰国されたご様子、お帰りなさい!
長い歴史が感じられる町並み。
たくさんのおみやげ話を楽しみにしています。
可愛いお嬢さんの写真、絵になりますね。

野いちごさんへ

いつもありがとうございます。
タリンはほんとうにステキな街でしたよ。
日本人はあまりいませんでした。

中世の魔女の歴史がそのまま残っていました。
またいけるといいなぁ~


> お元気で帰国されたご様子、お帰りなさい!
> 長い歴史が感じられる町並み。
> たくさんのおみやげ話を楽しみにしています。
> 可愛いお嬢さんの写真、絵になりますね。

No title

エストニアは行ったことないけど、ホント、絵本に出てきそうな塔と街並みですね。女性も美人・・ま、日本人と遺伝子が違いすぎ(笑)
かなり前に、ノルウェーとデンマークへ行きましたが、絵になるプリティーな街でした。古い建物は歴史を思わせ、おうちはパステルカラーで綺麗だったなあ。
あと、ラプンツェル!なんか懐しい。昔、有線放送で、耳で読む?世界の物語みたいなチャンネルがあって、休日によく聞いていました。

ミルラさんへ

ホントに 北欧の子はきれい!
日本にいて自分の顔見ている分には
何もおもわないけれど
ヨーロッパの人たちを見慣れてから 自分を鏡で見ると
イヤになる・・・

顔を白人化していったマイケルジャクソンの気持ちが少なからず
わかりました。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー