神社の新月

今日は新月。
地球から見て月が太陽と同じところにあるので
地上のどこからもお月様がみえません。

今日の9時50分を境に 月が満ちて行き
物事がまあるく満ちていく
ってことで「新月は何かをスタートさせる、願う」のによい日とされています。

先日お散歩にいきました「事任神社」にも新月満月の象徴がありましたよ。
(こののまま神社、と言って言葉のままに願いが叶う神社だそうです)

灯篭満月 灯篭新月

向かって 左側が満月、右が新月、これから満ちていく月。
要するに”育っていく月”です。

他に袋井の油山寺というところで赤いお稲荷さん系の赤い可愛い灯篭に新月満月がありました。

油山満月 油山新月

スミマセン、昔の携帯で撮った写真を新しい携帯で撮ってのせてるという
超アナログなやり方です。赤外線通信が出来なかったのは 通信の星の水星が逆行しているからでしょうか。

・・・・

ところで実は
新月は、闇夜なので 闇討ちとか 内緒の相談とか夜這いとかの日だったらしいですよ。
まぁ、新計画っちゃぁ、新計画。ある意味そっちの意味で種まきですものねぇ。

明るいと秘め事はバレバレだもんね。

でもあんまり真っ暗闇でミッションはポッシブルだったのでしょうか?


ということで 占星術師の経験から(みなさんの相談の起承転結から)
完全に真っ暗闇の新月よりは
やや光を増した三日目の月くらいの時のほうが何事も成功率が高いように思います。



頑張ってください。









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー