鑑定の内容や、どこで誰にあっている。というのは
内緒にしておかなくてはならないし、口コミだけで静かにやっているのが
私のスタイルなので どんな依頼をうけたか、どこで誰にあっているかはあまり
公開しないようにしています。

でも、でも、今回の場合はあまりにもあんまりなので書いちゃいます、
12月の中ごろに 私のクライアントAちゃんから依頼をうけました。
彼女がなんとなく好意を寄せているBさんにクリスマスイブに渡したいものがあるから逢って下さい。
と言われ舞い上がるA子ちゃん。ワクワクしながら「私達おつきあいできるんでしょうか?」
彼の渡したいものっていったい何でしょうか?と質問は矢つぎばや。

占うと彼は彼女に行為は持っていて 彼女に渡すプレゼントは 「箱に入った白くてふわふわしたもの」
とそこまでイメージできました。(ホラリーと言う技法を使っていてます。なぜ白くてフワフワだったかというと
月と海王星がいい結果だったので。)わたしも半信半疑ですが 度も書くそれを伝えて
期待して待つように。フェルトのお財布かもしれない、マフラーかも。。と言ったのでした。
そして、今日になって「え~ん、白くてふわふわのもの、なんだったと思います!!!??
箱に入った「かまぼこ」でした   泣き


最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー