旅の感動

本日は金沢へ出張講座に行って参りました。
いろいろな方に会えて占星術の楽しさをシェアできるのは
とても嬉しいし、「へぇ~ 星占いって こんなに奥が深いの?」なんて言われると
とってもとっても嬉しくなってしまいます。

それに知らない土地へ行くのはとても楽しいです。

ちょっとした距離の違いなのに、風習や食べ物が違っています。

旅行って「土地が違うと、風土や考え方がちがうんだなぁ」という驚きと
「土地が違っても、人の心とか人情はどこも同じなんだなぁ!」という深い安心感のこの二つの
矛盾した感動を行ったり来たりできることです。


ところで、今日の感動は蟹の軍艦巻き。でした。
お昼に高級回転すし屋さんに連れて行っていただいたのですが
そこでの蟹の軍艦巻きがコレ! 
蟹の軍艦巻き1

金沢で蟹の富士山に遭遇するとは思いませんでした。
もう、どこから食べていいのかわかりません。分解していただきました。
これは、軍艦巻き、というより 『富士山盛り』に名前を変えるべきです。

分解後の 蟹の軍艦巻きです。
こうなると単なる酢飯に蟹身をおかずに食べているかんじで 果たして軍艦巻きである必要があるのかどうか
疑問でしたが 美味しかったです!
蟹軍艦巻き ばらし


そして教室としてお借りしている あるトリマーさんの店舗の2Fにお邪魔しました。
そこでの驚きはココ。このカウンターの向こうの階段を昇って会場であるお部屋に入るのですが そのカウンターと壁の間が狭いのなんのって!!!
カウンター1


この狭さをわかって頂くためにスリッパを置いてみました。
カウンター2

中でシャンプーされているワンちゃんが嫌がって脱出するのを防ぐためだそうです。

オーナーさんはじめその他の生徒さんはスリムなのでヒョイヒョイと通り抜けましたが、私は、ここを通過するのに
難儀いたしました。もうワンサイズ大きくなってしまったら会場にたどり着けません。
食べ過ぎるな!気をつけなさい!という神様の警告でしょうか?
このカウンターをよじ登って向こう側に行くっていう手もありますが、それもキツそうです。

講座のほうは私の説明下手をカバーしてくださる聡明な美女達のパラダイス。
あの狭いカウンターを通り抜けた根性あるスリムな美女達があつまって、楽しく可笑しくエロく占星術を深めてまいります。

そしてもうひとつ、私 白子って食べることが出来なかったのですが
(少女のころ白子がどこの部位なのかオマセな同級生から教えられ、食べれなくなってしまいました。
そんなおぼこな時代もあったんです。妄想しすぎたんですね)
しかし本日、金沢で白子の天ぷらを勧められまして 旅の勢いでエイヤッと食べてしまいました。
そして目覚めました!白子の快楽に溺れました。

旅のよさは日常とは違う自分になれるってことですね。
これは占星術的に言うと「リロケーション」と言いまして 土地が変ると星の影響も変るのでその人の持つ隠れたキャラが出てくる、ということなのです。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー