久しぶりに悪夢を見た。

夢の中で
私は小学生で夏休みの宿題の算数のドリルを片付けていたのだけれど、
やろうとすればするほど、集中できない。

あせって、カリカリやっていると、鉛筆の芯が折れる。
削っても削っても、芯が折れてしまうという夢だった・・・

ただ、それだけだけれど、この季節大嫌い。
小学校6年間、中学3年、高校3年、大学はそんなに宿題はないけれど
多感な頃に味わった「宿題」のプレッシャーは、
学生時代をとうに過ぎた今でも残っている。

夏の終わりのけだるさと、宿題を片付けていないという
プレッシャーはセットになって


早めに片付けていたら
苦労はないけど、それが出来ないから苦労。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー