なんちゃってお百姓

人の話を聞いて
同感したり、感動したり、時々辛くなったり、
偉そうにウンチク垂れたり、ああよかったよかったなんておもいつつ、
人の話に耳を傾けることをしているとをやっていて、確実に思うことがある。

それは、子供は
持って生まれた性質のまま、ありのままに育つのがいい。
もっと、過激にいうと「作り込まれた”いい子”はダメになる」
親の都合で”よい子”を演じたまま育った子はやがて立ち行かなくなる・・・

ということだ。

(とはいっても、何が躾で何が親の欲や理想の押し付けかわからないのが育児の現状なのだが)

なんて思っていて、いつの頃から野菜に関してもそんなことがいえると思っていた。
農薬いっぱい、化学肥料いっぱいの野菜を食べると、その時はいいけれど
あとからなんとなく違和感がでてくる。
整形美女に憧れてあとからがっかりする、そんな落差だ。

人の都合で作りこまれた野菜よりも、自然に出来た野菜のほうが
じわっと美味しいし、あとから元気がでてくる。
それに、土や遺伝子を変えて、人の都合に合わせていじりまわすのは
罪の意識を感じる。

食べ物もありのままに育ったものを摂取していたほうがいいんじゃないか?

商業主義で作りこまれたものを遠ざける生活サイクルが必要なのではないか。
と、本能で感じていた。

そして、職業がら 昔から「農業占星術」「バイオダイナミズム農法」があることを知識では知っていた。
月が乙女座や牡牛座を運行するときはイモ類を植えるのに適している。
月が水の宮を運行中はキャベツがよく育つ。なんて怪しげな情報。
(大学で研究はされているが証明はされていない)
生活を彩る伝説?として、わたしもそれを人に伝えているけれど、
実体験があまりないので情けなく、頼りなく、少しでも動植物が育ち死ぬ環境に軸足を置いてから
こういうことは、伝えたいと思っていた。

そんな折、ふと知り合った自然農のお友達。イエ、師匠と呼ばせていただこう。
その方の縁で土地を借りれることになり、今とっても楽しく、芋とか、葱とか、
花とか、バジルを植えています。そして ゴボウも植えました

先日、駐車場にゴボウが落ちていたのは、きっとゴボウ神君臨の前触れでしょう。
師匠がゴボウの種を下さった。
”引き寄せの法則”を感じる。
1428384090586 (1)

写真でみるとよくわからないけど
これはモロヘイヤの種。
この小さな緑色の不思議なカタチの粒の中に
宇宙を感じる。
1428384068458 (1)

これは3月中旬の頃の畑。
1428384123092 (1)
日本平のお茶畑の中にあり、鳥がさえずり、花が咲いていて
とても美しいところだよ。
占星術師のベースをふまえて植物を育てたいけれど
なかなかたいへんなので、まだド素人だし、とりあえず
なんだかわからんが、みようみまねでやっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー