魔笛とイグアナの娘

年に2回くらいは
生オケでコンサートホールで音楽を聴きたいと思っていました。
今日はその2回目。
浜松アクトシティにワルシャワからモーツァルトの歌劇「魔笛」が来る!というので
見に行くことにしました。

オペラに詳しくない人でもこの曲をきいてくだされば、
あの曲!と心のどこかにメロディが刻まれているはず。

ここに載せたものは 軽やかに歌っていますが、実は怖い曲で
母親が娘への偏った愛情から
「私の言う通りにしないともはやお前は私の娘ではない。勘当されるのだ、永遠に」と
怒り狂っている曲なんです。
実際の劇中ではこんな顔で歌っています。
夜

私は今、この仕事なので
こんな形相になった母親から
またそこから逃れたい娘からたくさんの相談を受けます。
それぞれ自分のことを客観的に見れなくなって
母は娘を思うとおりにしたい、思うようにならないと嘆くし
娘は母が重くて辛くて苦しくてたまらない。
ラップンツエルもそう。母娘のねじれた愛のバージョン。

これを聴いてつくづくモーツァルトさん、偉い!と思いました。
何百年も前から存在している親子の軋轢をこんなオペラにしている!
彼は水瓶座でかなり変人の天才で
フリーメイソンの会員だったそうです。
今回見た中でもあちこちに占星術や魔術の要素がありました。

そのひとつにたいていこの夜の女王(母親)は三日月を踏んで登場します。
夜 三日月
私の見た演出でもそうでした。

この図は、占星術やタロットに親しむ人には見覚えがあるはず。
そう、タロットカード2番の「女教皇」 と同じ構図。

もともとは「ヨハネの黙示録12:1」の記載に、「太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に12の星の冠を被っていた」という記述に一致しています。聖母マリアの踏む三日月は、純潔を表しています・・・・
のだそうです。

この怒り狂っている女王はもともと聖母だった?
よくわからないですが、タロットカード2番と図柄も意味も
一致しているのでとても面白く感じました。

そして
「母娘=親子」の葛藤でもうひとつ思い出したのが
「イグアナの娘」
萩尾望都原作のマンガで川島なお美や菅野美穂主演でずーっと前にTVドラマになっています。

あらすじは、
イグアナの女の子が人間に恋し、イグアナの魔女に頼んで姿を人間に変えてもらいます。
そして自分がイグアナだった記憶も消してもらい、恋は成就して娘が生まれるのですが
しかしその子は自分だけには醜いイグアナに見えて、辛く当たってしまう。
どうしてこの子はこんなにもダメなのか、と自分の深層心理の欠点や恥部を娘に投影して
お互い苦しむ。

というものです。

このマンガはとてもよかった!
私も子育てをしていて
子供への思い入れが強くなればなるほど自分の子がダメに思えて
悲観して、いいところを見れなくなり、威圧的になり、
煮詰まってキーキーしてしまう自己嫌悪の日々でした。

今、この職業になって何人かの人から相談を受けます。
子供たちは無事に成人したけれどあのときのことをはっきりと思い出します。

もちろん、親子の悩みはこのパターンばかりではありませんが、
原型は魔笛やイグアナの娘に通じるものがあると思うのです。
ホロスコープを読めなくて、育児に悩んでしまっている人は
このマンガを読むと、ちょっとかなり憑物が落ちる感じがするかもしれません。
今でもアマゾンなどで買えるとおもいます。おススメです!

もちろん私に相談してくださっても大歓迎。


おまけ①
オペラに行く途中でこんな家を発見しました!
1444654158595.jpg   1444654102016 (1)
浜松魔女の家。普通にアパートなんだそうですよ。

おまけ②
浜松で魔女の秘密展やってます!
ちょっと真面目に突っ込んだ魔女の歴史を見てみて!
http://majo-himitsu.com/top.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます!
ご無沙s足しています。
面白いお話でした。
モーツァルトは変人の天才なのですか?
確かに天才ですね。

魔笛の夜の女王と娘パミーナの間柄、、、
可愛さ余って憎さ100倍といった気がしないでもありません。
イグアナのTVドラマ、娘が良く観ていました。
何を感じていたのでしょう。
ちょっと聞きたくなります。

寒くなりましたご自愛下さいね。

野いちごさん

こんばんは。ありがとうございます。
モーツアルトはかなりの変人だったらしいですよ。
どこかが優れているとどこかが欠けているみたいで
きっと天才はみんなヘンなのかなぁ。なんて・・・

今夜は牡牛座で満月。こんな日はシューベルトのセレナーデが似合うようです。

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー