2016年6月の星読み

火星が地球に最接近しているということで
とても赤い。近くに凶星とされるアンタレスや土星があり
向かいにきている太陽と引っ張り合いっこをしている。
イメージとして、レジスタンなかんじ


勢いのあるマグマが何かに堰き止められてフツフツしているみたいで
ちょっと恐ろしくなるのですが、
こういう激しい星の位置の時こそ何かの力が働いて突破口が開くことが
多く破壊と建設は裏と表のようです。

この瞬間にそういったことが起こるのではなく、そんな強烈なパワーが蓄積されているかんじです。



牡羊座
せき止められた激流のように強い気持ちとそれを制止する圧力がかかるような日。
精神の筋トレをしているような気分。安定を求める気持ちと遠くへ行きたい気持ちで
揺れる。でも結局、冒険することになるだろう。

牡牛座
もっとケチになっていい日々。上質のものを求めはじめると際限がなくなる。

双子座
自己アピールしたい願望がつよくなる。認めてくれる人がいる。同時にそれは
試練を与えてくれる人だろう。謹んでお受けしよう。

蟹座
人知れず気遣いしたり、大切な人のために心を痛めたりするが、相手にとってはたいした問題ではないようだ。よけないお節介。とも言う。

獅子座
今いるところに閉塞感を感じたら違う年齢や地域の人と交流するとよい。
”関係のない人達”と思っていた人から思わぬエネルギーをもらえる。

乙女座
停滞を感じる時期かも。このまま下り坂になるか、ここで内部エネルギーを溜めて上昇に持っていくかの分かれ道が今。苦しい道を選んだ方が1年後は輝いている。

天秤座
探求したい、体験したい、冒険したい、と真の意味での向学心に満ちてくる。
邪魔するものもあるが、万障繰り合わせて思う方向へ行く暗示。

蠍座
ユンケルとリポビタンDとアリナミンVを同時に飲まなければ
ならないような日々。貯金が決壊しそうだが持ちこたえよう。

射手座
八方ふさがりの今ほど、すっとんきょうな力を発揮する。
ひんしゅくを買い、四面楚歌になっても、パワーがなくなることはないので今は静かに出番を待ちましょう。

山羊座
日々の小さな感情の揺らぎはあっても、大きくは乱れない山羊座。
世界中が暴風雨になっても、山羊座だけは安全圏にいるような時期。

水瓶座
生き方が独創的で変わり者扱いはされるが、性格そのものは穏やかなので好かれてることを自覚して。恋と友情の境目に気が付き、自分の性別を意識してしまうだろう。

魚座
怠け者病に憑りつかれる。それか、ものすごい緊張でガチガチになる。



この動画がとてもお勉強になりました。



最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー