イギリスのセブンシスターズより

英国につきました!

諸事情で選んだ航空会社はエアーチャイナ。(金欠だった、だけなんですけど。往復5万円!)
北京で3時間くらい待たなければいけない、そしてチャイナは遅れたりしやすい。ということですが
着けばいいや。とコスパ優先です。

果たして・・・

ちゃんと着きました。定刻通り。北京での乗り継ぎもスムーズでした。
シートがボロかったのと、映画を見る際に日本語の字幕がなかったので
「アリス イン ワンダーランド2」を 英語の音声、中国語の字幕で見ていました。
アリスの元ネタも、英語も、漢字も中途半端にしかわからないので
実にフラストレーションがたまりましたが。

そして やっと着いた英国では3時間ほどイミグレーションの列にならばなければならず
しんどかったです。 イミグレーションのゲートは30くらいあるのに、働いている人は3人くらい。
後ろの方も最初の方も先頭が見えないほど人が待っているのに
さすが、いつもマイペースの英国です!
あいかわらずだなぁ~ と懐かしさがこみあげちゃったりしました。

さて、出国してその日は真夜中になり、近くのホテルに宿泊。とても疲れていたので
ペタペタ歩いていたら隣の部屋のおばさんに「うるさいわね!像みたいにドタドタ歩くんじゃないの!!」
と叱られました。チーン・・・

そしてぐっすり眠って翌朝、予約してあったレンタカー屋さんへ。
あと一日700円出せば 大きなベンツにしてあげる。と言われたけど
ここでもケチを貫き、コンパクトカーサイズのチェコのスコダ?という車を借りて
出発!

一番の目的は英国の占星術の年次大会に行くことですが
どうせなら観光も。ということで夫と二人行ったことのないイギリスの田舎町を目指しました。

ロンドンなど都会へは行きません。

地図で見ると下の方にあるブライトンという街。
そこからちょっと走って着きました。最初の目的地「セブンシスターズ」です。

見ての通りあっち側も、こっち側も真っ白な岸壁です。
1473354334266.jpg  1473354414877.jpg

ドイツからの修学旅行生?みたいなのがいっぱいいてキャーキャーはしゃいでいて
波と遊んでいるのを見てこちらまで楽しくなりました!
私たちに向かってアンニョンハセヨとフレンドリーに話しかけられました。

それから14世紀から営業しているという旅館でレストランへ寄ったり
小さな村の小さな教会を見たり 墓場見物とか、修道院見物などをいまのところやっております。
1473354452974.jpg  1473354478683 (1)



1473354499371.jpg  1473365766404.jpg

明日は中世が残っているライ村を通り占星術の会場のケンブリッジへと入ります!

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー