格闘技

もう、何度も何度もいっているが、
私は占星術を信じてはいない。

と言うと、占いの世界から遠いところにいる人は
となるみたいですが、

では、格闘技の世界の人は、ほんとに人を殺したくて
あるいは人に痛い思いをさせたくて
練習するの?

という議論になりました。

「わからないなら、杜さんもムエタイやるといいよ。」
と言われ、
「いやぁ~私は相撲部屋に行くよ」って話で終わっているけど、

なんで格闘技ってあるの?

人をやっつける。というのが、スポーツとして昇華され認知され
みんな楽しんでいる。という事実はわかる、知っている。

でもでも、そもそも私は
人が殴られたり、蹴られたり、
貼り飛ばされたり
鼻血を出しながら、
それでもよろよろと相手を打ちに行く姿を見るのは
辛いんだ。
それが”スポーツという土俵”と知っていても
人が殴られるのを見るのは本能的に恐怖。

お相撲と柔道は、なんか許せるんだが。
ボクシングは恐怖。

格闘技ってなんであるの?

やっつけるわけじゃないけど闘う。
当てるわけじゃないけど占う。

似ているなぁ。と思っちゃうんだけどまちがっていますか?
違っていますよね、多分。

でも格闘技ってどうしてあるんですか?
私みたいな、当てようとしない、信じない占い師
の存在意義って何?

占いと格闘技がなくなると、人類はどうなる?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
10年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー