FC2ブログ

歯車

たった今、SPACの「歯車」を観てきました。
起承転結もなく、戯曲ではない、芥川の晩年の作品をどのように、舞台にするんだろう?
と謎でしたが、すごく、すごく納得しました。
原作以上❢

電子音楽と照明、舞台装置も秀逸で、エキサイティングしながら、
ぼんやりとした不安の中に放り込まれ
しかしラストは小糠雨に濡れながら
しっとりに包まれ温かくなりました。

パフュームがかかる舞台だ!とは聞き及んでいましたが、
なんでまた、芥川にperfumeだ??と
訝しく思いながらでかけて行ったんですが、
いゃ〜、おもちろかったです。身内意識抜きにおもしろかったです。

死んだような、
または母親の胎内へ還ったような気持ちになりました。

私は、SPACの人ではないし、
舞台も文学もど素人で、詳しい研究などしていないのですが、
この演出、なんか芥川っぽいよなぁ…
芥川のニオイする!と観おわった後ぼんやり思い
演出家さんを早速検索して、調べてみますと
(占星術師の本能で、すみません)
なんと、彼も月が魚座でした!!
まさかとは思ったけれど、やっぱりね、っていう感じでございます。


多田淳之介さん。面識はないのですが
wikiに載ってきたので、
ほんとにスミマセンが勝手にホロスコープつくりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%94%B0%E6%B7%B3%E4%B9%8B%E4%BB%8B

魚座の持つあいまいな不安や、死や、優しさ
最悪のことをやっておきながら、ぼんやりと
光が見えてくる世界をもっています。
芥川が今に生きていたらきっとこんな感じとおもいます。


演出家の多田淳之介様、お月様のせいもあって
芥川の波長と共鳴したんですね。
(スミマセン市井の占い師が)

いゃ〜とっても堪能いたしました!

一人になりたくて感動がナマのうちに
書きたくて、グランシップの空いている小部屋に侵入して書きました。

※魚はキリスト教のシンボル。
12番目の最後に来る星座なので、曖昧なもの、実態のないもの、自己犠牲を象徴。
太陽の星座が魚座の芥川龍之介と基督の関係は深い。

12月にAKUTAGAWAイベントをやるんですが
出演者の俳優奥野さん、特別ゲストの今野教授、、
場所を貸してくださるオーナー柚木さんそしてワタシ。みんなみんな月星座が魚座でした。

そして、今日の演出家さん多田淳之介氏まで
月が魚座でわたしは
もうしばらく
現実の世界へ戻れません…

46524323_2265645333508492_6133879843252600832_n.jpg

と、ここまで、観劇直後のグランシップでフェイスブックに載せました。

歯車情報、詳しくはコチラを。
http://spac.or.jp/haguruma_2018.html

そして俳優の奥野氏と、静大の今野先生と芥川をいじる会を
七間町のスノドカフェでやります。

ふたつ前の記事に日時など詳しく載せてありますので
そちらも、是非!

観劇が先か、スノドが先か・・・
悩むところだな。

最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー