FC2ブログ

2019年2月の星読み

なんでコレを載せたかというわけは
一番下に、書きますね。
146684196113485042177_ellipse3 (1)

では、今月の星読み。

おひつじ座
一発逆転、粘ってロスタイムで勝ちを決めるような星。
コレを読んでいる、今この瞬間は負けモードでも2月の末まであきらめないで
といっています。知恵のある人、達観した友人から希望をもらう。

おうし座
マメに、まじめに、まっとうに、日々退屈な日常の仕事に取り組むことが最善。
変化や刺激を求めるのはもう少し陽が長くなってから。
コレまでの業績や人脈に支えられる。

ふたご座
ふと、旅に出たくなる時期。距離的な旅もあるけれど
内面的、心理的な旅の意味もある
。レジャーの旅ではなくファンタジーでもなく、リアル冒険。
時間とお金と労力を費やし何かを掴む。
中途半端にやると単なる放浪。

かに座
誰かの「保健室」。誰かの悩みを聞くだろう。
そっと優しく癒してあげるのもいいけれど
「甘えるな!」って荒療治を施すのも
あなたの役割。依存心の強い人をのさばらせてはいけない。

しし座
対人関係で葛藤する。どこの誰もが悩むことではあるが
2月13日、満ちていく半月の時は周囲の人とのかかわりを見直すとき。
人と真っ向からかかわりすぎると苦しくなってしまうので
ゆるく静かに、自分も相手も見守る。

おとめ座
今の状態に感謝する時。
現状を打破するよりキープできていることがいいみたい。
眠る場所、最後に落ち着くところを大切に。
誰かがあなたをラストの居場所に選ぶ。

てんびん座
楽しいことがある。でもまだはじけない。
予感を楽しむ。季節は旬の時より
”はしり”の時が楽しい。
うれしい知らせ、物事の始まり。みずがめ座とのご縁。

さそり座
あれこれ考えずにまず仕事。名誉よりも実をとるような選択を。
人を信頼すること。疑心暗鬼の猜疑心に悩まされて小細工をして
小さな利益を得るよりも信頼して
馬鹿を見たとしても馬鹿のほうが徳。

いて座
絵に描いた餅は膨らむ。ひとつひとつ
丁寧に仕上げて刈り取らなければいけない。
価値のないことに熱狂して無駄な消耗を招かないように
気をつけなければいけない。

やぎ座
表に表れることは静かな目立たない現象でも
内面ではとても深い出来事がおこっている。
芽は出ないけれど、陽射しが長くなった地面の中で
発芽しているような。
今しばらく、自己犠牲と忍耐は続が、気持ちはどんどん明るい。

みずがめ座
グライダーのようにスイスイと軽やかにすすむ。
押しが強く願いが叶いやすい。
しかし知らない場所で恨みも買いやすいので
やっかむ人には近寄らないように
。2月5日みずがめ座の新月は、人に合わせること、柔軟に。

うお座
やぎ座と同様、まだ芽は出ないが、
心の中にはエネルギーがたまっている。
まだ使えないけれど、ポイントが貯まっていくカード。
あともう少し。
今はまだ様子見。やけになって散財はしないように。

図のわけ

赤い矢印が一定時間に動く惑星の距離。どの部分でも青い部分の面積は等しい。
というのを再学習してへぇ~、そうだったのか!となぜかとても腑に落ちた。
たぶん学校で習っているけどあの時は
バリバリ物理の方向から説明されたから、頭に入っていない。
でも
こうして今、人の悩みを聞いたり、占星術などに深く係わっているとすごく頭に入ってくるよ。

朝ごはんを我慢しても、夜食を食べちゃうし、
朝も昼も夜も我慢しても、次の日食べちゃうし、
どうがんばっても一日の摂取カロリーは変らない。

それが一日単位でなく、数年単位のカロリーかもしれないし
カロリーを「幸福」と捉えてもいいのかもしれない。
ゲットする「何か」は同じなんだ。

天は地上を統べる。天の星の配置が地上のものに影響する。

高校の物理(地学?)の先生、なんでこっちの方向から教えてくれなかったんだろう。

うまく言えないけれど、
どの道を行っても、急いでも、近道しても、同じなのか。
それが、個人の中でも按分なのか、集団の中でのことなのかよくわからないが人生や世の中の真理を見たような気がする…なんて妄想か。

でもケプラーは実際占星術師。天の動きと人を重ね合わせてみていただろう。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー