FC2ブログ

2019年4月の星読み

ホロスコープ読解は抽象的なイメージが浮かんできます。
それを他人にもわかりやすいように説明するのが
仕事だと思うけど
それはとても骨が折れることです。
あまりにも具体的過ぎるとエッセンスを失うし、
抽象的過ぎるのも
ノストラダムスの4行詩みたいになっちゃいます。
書き方の按配が難しいんです。脳が疲れるのです。

ああ、温泉行きたい・・・
新元号が「温泉」だったらよかったのに。

残念!

おひつじ座
太陽が12ヶ月に一度巡ってきて元気出る。飛び跳ねるような感じ。
カラ元気でも出していれば、本当の元気になる。

おうし座
なにかといろいろタイヘン。顔で笑って心で泣きそう。でも泣いてはいけないよ。
おうし座さんには人を安心させる。という役割があるからね。

ふたご座
火星がふたご座にやってきて、手出し、口出しする。
でも、それをするなら黙って、金を出したほうが世の中のため自分のためだよ。

かに座
日々、敏感で繊細で優しさにあふれる日々。人に褒められる。ありがたがられる。
人間嫌いは損をする。人懐こい笑顔で人に感謝されて
自分も得をする。

しし座
明るい見通し。遠くの人とのご縁。懐かしいけれど新鮮な気持ち。
ウキウキはするけれど浮かれてはいなくてちゃんとしっかり義務を果たせるような。

おとめ座
何かを得るために何かを削らなければならない。あっちもこっちも
とろうとするとあっちもこっちもそっちも失う。騙す人だけが寄ってくる。

てんびん座
いろいろ出かけたいけれど、今やるべきことが足かせになり動けない。
だけど助けてくれる人があらわれて結局、プラマイ、プラスになる。
動けないことで危険は回避。

さそり座
やらなくてはいけないことが多いけれど、楽しく愉快に任務をまっとうする。
芸術家には閃きが。投機家はちょい嬉しいことがある。普通の人は恋のチャンス。

いて座
ウキウキすることが多い。つい大風呂敷を広げる。ラリる。楽しい。
能天気な若者。恥知らず。明るい未来があるようだ。

やぎ座
渋い。知恵がまわる。小ざかしい。作戦を練りすぎて道に迷う。
成り行きに任せたほうがよい。うまくやるよりも、開き直り可愛がられる
技術を身につけるべき。

みずがめ座
グッドアイディアに恵まれる。商才が目覚める。夢のようなアイディアの思いつき。
普通に、地味にやってきたことで賞賛される。何に価値があるのかわかっていない。

うお座
天然ボケの日々。一週まわって、一番になれる。狙ったところではないところで喝采を受ける。
変な生き物のように可愛がられる日々。
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー