2018年6月の星読み

気がついたらこのブログを10年もやっていた。
2008年の記事からある・・・
(その時平成教育委員会という番組を見ながらこのブログをはじめたので
この名前になっていた)
でも西洋占星術を始めたのはもっと前だ。

10年前に恋に悩んでいた人が結婚して
子供が生まれて見せに来てくれたりするから
私にはたくさん孫がいるみたいな気持ちになる。

ピッピーで浮き草稼業の占い師だが
ちょっとハッピーな気持ちになるのは、今、金星と木星と海王星が
美しいグランドとラインをつくり美しい月が昇り始める時間だからだろうか。

ヒッピーでハッピー。

そのせいか
今月の星読みもちょっとポエムになった・・・

牡羊座
変なものを買ってしまう。金遣いが荒い注。気がついたらないっ!スピードもやる気も出まくり。
風速4メートル強で凧揚げをしているかんじ。

牡牛座
キャラがかわる、顔が変わる、いろいろな魅力があふれ出す。
川底にひっそり棲む蛍の幼虫が大人になって光りはじめる、みたいな。

双子座
のせられる、おだてられる、中心人物になってしまう。
実力以上の立場を与えられてうろたえて、あとには引けず、でもやってしまったら
金字塔が建っていました。みたいな現象。

蟹座
やさしくなる、じわっとくる、
気持ちの浮き沈みと、もらい物が多い。
母鳥がそっと小さな卵を温め続ける感じの日々。

獅子座
どうにかなる、なんとか生きる、日向のライオンあるいは猫のイメージ。
とことんお腹が減るまで、狩には出ない。

乙女座
せっせと働く。考えずに体だけ動かす、
やがて頭が澄んでくる。
刈っても刈っても旺盛に繁る、良い匂いの青い小花のローズマリーみたいに健気にしぶとい。

天秤座
掘り下げる、ニッチな思考にはしる、偏屈を究めていく。
穏やかな海岸で変な貝殻や屍骸ばかり集める美しい人みたいなイメージ。

蠍座
豊かになる、のんびりする、惚ける、神と一体化する。
極めつくした達人が水墨画を描いてるみたいなかんじ。

射手座
人にどう思われているか気になる、考えすぎてびびる。深すぎてピントをはずすが面白がられる。
全然関係ないときに場外ホームランを打つイメージ。

山羊座
焦る、危機一髪だが、結局守られている。最後に勝つ憎たらしい人と評価される。
どんどん緑を増してフカフカになっていく古寺のコケみたいなイメージ。

水瓶座
風の中を気持ちよくすーっと走っていくかんじ。運転のうまい人がアウディに乗って
初夏の富士スバルラインをドライブして雲海の上に出て行くみたいな運気。

魚座
ふわっと、ほわっと楽しい日々が続く。人が良すぎる、優柔不断、人に利用される。神の信頼は厚い
雨にぬれる紫のアジサイと、でんでん虫のイメージ。

明るい農村風、占星術師

星の仲間がロイヤルウェディングの アツく語る司祭さまのことを、
竹中直人に似ている。
と言って爆笑。
・・・・確かに!
そしてその二人の生年月日を調べたら、二人とも魚座でした。
あのアツさは 西城秀樹の火の宮の熱とは違って
演歌的情をたっぷり含むアツさだね。ってことで話がまとまったところで
あっという間に1週間過ぎました。

あさって(27日 日曜日)は久しぶりにイベントに出ます。
「かえるところ」という名前のオーガニック系イベントで、
古民家で静かにやってます。
犬がコロコロ遊んで、子供たちがザリガニを釣って、
年配の人が蔓のかごの編み方をおしえてくれている・・・

こんな場所が大好きなので「明るい農村系占い師」の私は仕事をしにいくと言うよりも
自分が遊びに行きたいから、そしてそこの食べ物おいしいから、そこに行こうと思います。
で、そのついでに仕事もします。もし持ち場に私がいなかったら
会場のどこかで 生意気な仔犬と遊んでいるか、物をたべている
ハリセンボン春菜風のおばさんをみつけて、おい、仕事だよ!って言ってくださいね。
10時ごろから14時ごろまでの予定。
【場所】 鈴木邸
〒421-2111 静岡県 静岡市中ノ郷249

さて、それが終わると
6月7日は木綿子さんところでの「ホロスコープレストラン」
horore1.jpg
占星術が実は古代人の綿密な天体観測から生まれていて
食べ物とも深く関係している、というところをたくさんの人に知っていただきたく
木綿子さんのお料理がおいしいので、この企画が生まれました。
申し込みは私のほうでも いいですよ!

来月は7月13日にスノドカフェさんにて
またまた奥野さんと歴史と星のはなしをやります!

ホロスコープレストラン牡牛座

牡牛座のホロスコープレストランは
緑色のもの。

牡牛座の誕生石、または五月の誕生石が
エメラルドってきいたことあると思います。
牡牛レストラン

https://ameblo.jp/momeconoco
木綿子さんちの、ゴージャスサンドイッチのホロスコープレストラン!

古くを辿ると、牡牛座の家主であるヴィーナス金星は銅と関係していて
銅が酸化すると緑や青になったのでそこからの連想で
牡牛座の幸運色が緑色になったようです。

宝石業界によって翡翠だったり、孔雀石だったりするのですが、
七つの惑星と七つの金属の関係って面白いです。(右下の図)
惑星と金属

もうすぐ牡牛座新月。(5月15日)そして新月とともに
天王星が牡牛座にやってくるから、私は自分の心の中の
牡牛座力を活性化できるよう「緑色」を食べます!

中世の錬金術師になったつもりで、
美しい緑色の物に願いをこめて
身体に取り込みます。
ミドリムシでもグリーンカレーでもブロッコリーでも
お抹茶でもいいんだと思います。


星を読むときは、頭の中にぐぐっと、びゅーんと下の図のような絵が流れます。
ワープ

遠い遠い、ここじゃないけど、ここにも繋がっているどこでもないどこかに行って何かをつかんで来ます。
何千年も昔から、今に至るまで星の数ほど、多くの人が思考した回路を数分でなぞる、
あるいは、これから先まだ実際には起こっていないことを数倍速で旅をするような感覚です。
ほんとに、びゅーんと音がするような感じでもあるし、閃光が走るような感じもするし
日常生活ではまったく使わない
ミトコンドリアだった頃の魂のどこかが刺激されて現代語になって
勝手に言葉が出てくるような感覚でもあります。

その言葉がラッキーカラーだったり、
開運グッズだったり、するのかもしれません。

きっと嘘つきとか妄想狂の人種でしょう。

うまく伝えられないけれど、面白いから占星術を勉強してみて!



うちのカトリーヌも今日はクローバーの草原ではしゃぎまわって
ミドリの葉っぱを食べていました。
31375845_222801671814172_3409019910540492800_n.jpg

スミマセン、最後はやっぱりいつもの
愛犬投稿になりました。

2018年5月の星読み

いつだって星は動いていて
同じ所にいるようでいて
実は休むことなく動いている。
人の運勢もいつも動いている。

ただいま蠍座満月。
今空に満月と木星がすごくきれいです。
でも、明日は月と木星の距離はもっと開きます。

夕刻の宵の明星も美しく魅せられます。

この満月は徐々に細くなり、15日に新月を迎え
天王星が7年ぶりに星座を動くので期待感に満ちてしまいます。


牡羊座
奮闘力抜群。9回ウラ、一発逆転ホームラン。ピンチがチャンス
。諦めてはいけない星回り。
押すだけではなく、いろいろな方向へ力をかけ
時には引くという手段もありで
スルッと扉が開く暗示。

牡牛座
注目があたる。脚光、スポットライト、妬み、嫉みを受ける。
ダークなものを投げつけられてもそれを受け入れ
収斂させてしまう力がある。
思いがけない形で運勢が開けていく。

双子座
この札はいつか使える。と思って大事にしていたのに
実はそれは
ジョーカーだった・・・ババ抜きのババだった。
みたいな暗示。あとで使おうとか、いつか役に立つかも
と考えると結局自分がワナにおちる。
今が楽しければそれでいい。

蟹座
個人的な夢はみんなの共通の夢で、それが叶っていく。
たとえばあの街のあの角に
電灯があったらいいだろう。って思ったことが実現する。
あのコンビニでコレが買えたらいいのにな。と思っているとソレが
入荷するとか。

獅子座
ちょっとりっぱに振舞ってしまったので、その立派さを続けなければいけないような
苦しいけれど、尊敬され続ける微妙な星回り。
前回のお祝儀は10万円にしたけど、今回は貧乏だから3万円にしたいけど
え~いそれは面子が許されないから10万円。みたいな。 
感情面でも同じ。温厚な人を演じ続けているので
シンドイがいい人ヅラを続ける暗示。キャラを変えたくなったら5月16日以降から。

乙女座
興味本位で新しいことを始めてよい時期。コレをやり続けたらナニになるのか?
回収できなくて
無駄なんじゃないか?という思考では
いっこうにデカイ人間にはなれません。
ゴミ山のなかに宝はある。損か得かじゃなくて、好きか嫌いか。
で行動するのが良い時期。

天秤座
ちょっと古臭くて自分には縁がないかも。と思っていた美や様式に目覚める。
水墨画がわかるようになったり、風呂敷がステキと考え出したり、
華やかにしなくても規則正しい落ち着いた生活がイチバン!と思いはじめたり・・・
地味でも質が良くてよいものの価値を見出す。そして、ちょっと大人になる。

蠍座
ひとつの大きな舞台が終わり、次のスパイラルへと入っていきます。
でも、まだまだ山は高く、裾野は広い。すそ野の広い山ほど高い。まだまだ
平坦な道を歩いているようでも、ふと下を見ると後からやってくる人がアリのように小さく見えます。

射手座
楽しいだけで、善意でやってきたことが、ふとつまらなくなったりします。
辞めてしまおうか・・・と思います。でもやり続けてください。
やり続けていくことで、
今のステージはもっと深くなり同じことをやっているようで
また新しい世界が広がります。

山羊座
欲が出てきます。良い意味です。
あれが欲しい。こんな風になりたい。と思うことで頑張ります。
欲と金って悪い意味に使われがちだけれど、ほんとは違うんです。
欲もお金も人のためにあるんです。みんなが微笑む社会のためにあるんです。
今月の山羊座はそれがわかる時です。

水瓶座
先日、明治維新について調べたら水瓶座生まれの人がダントツ活躍していて
やっぱりな~と思いました。水瓶座の守護星の天王星が16日に動くので
ますますゴーイングマイウェイになるでしょう。
本人は狙っていなくても時代を牽引していく人たちなので、ブレずに
行きたい方向にいけばよろし。
その他大勢になんか迎合するな!

魚座
ちゃらんぽらんしているようで、結構人をひきつける魚座たち。
真似のできないそのくにゃくにゃ度。蒟蒻でもグミでもウレタンでもない
柔らかくて噛み切れない魅力がたくさんの人脈を作っていく。
魚座という触媒を通して敵と味方が曖昧になっていく。

天王星が牡牛座へ

もうすぐ天王星が牡羊座からおうし座へ動きます。
太陽は1ヶ月で順繰りに星座を動いていきますが
天王星は7年ごとひとつの星座を移動します。

今回はおひつじ座からおうし座に移動します。
おうし座にこの星が回ってくるのは84年ぶり。

牡牛座の意味するもの(農業・食・畜産・建築・金融・体制)
天王星の意味するもの (変化・改革)

絶対に変わらない、ずっとこのままと思っていたことが
変わることがイメージできないような事柄が
ある日突然、または徐々に徐々に変わる。

良いことも悪いことも含めて今までとは違う。

新しいカラーで彩られた7年の時代の始まり。

そんな気配を感じます。

具体的には
食の文化が変わる。昆虫食がメジャーになる。
金融の分野で新しい取引が始まる。ビットコイン?
国境があってもその意識は消える。新しい国境。
新しい鉱物、資源の開発、発見。
所有物に関する変化。(もう土地にはしがみつかないぞ。みたいな)
出産に関する新しい概念(代理出産)

個人レベルでは、牡牛座生まれの人、
そして牡牛座に90度の角度を持つ、水瓶座、蠍座
の人たちは状況が変わっていくのだろうと思う。

この天王星は行きつ戻りつ、逆行をしながらもおうし座を進んでいく。
変化はスムーズではないが7年後と今はまったく違うものになるだろう。

・・・・とこの辺まで書いていたら
韓国の大統領と、北の殿様が歩み寄っている。というニュースが流れてきました。

ムン・ジェイン氏は天王星が支配する水瓶座生まれ。月はどうやら牡牛座にあるようです。

なんかできすぎ。

先日、明治維新と星との講座で調べていたらやたらに水瓶座生まれが多くて、
時々さそり座、牡牛座と不動の星座の人が多くびっくりしました。

獅子座や射手座など火の宮の人は少なく、へぇ~!とか、ほぉ。とかおもっていました。

・・・・

参考資料は、また7月13日にまた星と歴史の会やります。
そこでお渡しできると思いますのでみなさんまた来てください。

今回は徳川慶喜についてやります。
慶喜が隠居する時に静岡に一緒に来た
め組の火消しの親分の新門辰五郎についても触れてみます。

前回、もらい火でご自宅が火災中!!!
という方がいらして
もちろん参加できなかったのですが
そしたら、偶然にこの次のネタが火消しの親分。
ということで
仰天いたしました。

7月には落ち着かれて、再会ができるといいのですが。

ひとつの記事を3日くらいに分けてダラダラ書いているので
最初と最後でフォーカスしているトピックスが全然違ってしまって
吸いません。
でも

いいんです、お題が天王星にまつわることだから、イレギュラーに展開して
コレでいいんです、

皆さん7月13日金曜日、七間町でお会いしましょう!
最新記事
検索フォーム
鑑定・講座場所 UP
鑑定・講座依頼はこちら
 ※  メールアドレスは           必ずお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

杜 香里(もり かおり)

Author:杜 香里(もり かおり)
小学生の時に本格的「星占い」に出会いはまる。
星と付き合い続けてて数十年。
一時はアホらし、と思ったこともあったけど
20年位前に雷に打たれたように占い魂が芽生えてプロになりました。
高波にさらわれてイギリスまで流され英国占星術協会の会員になりこの道で開き直りました。

QRコード
QR
プロフィール2
 イヌ派ですが3年ほど前まで齢八百歳のさばとら・タビ (立ち耳スコティッシュフォールド? いいえ多分駄猫)と タビa  起居を共にし彼女の抜け毛に悩まされていました。 フォトグラフィー